このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第35回

現行iPadベンチ総チェック! 1つの例外を除いてM1搭載iPad Proが圧倒

2021年06月29日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回、新しい12.9インチのiPad Pro、iPad Air(第4世代)、iPad(第8世代)、iPad mini(第5世代)の4機種をテストした

 Apple Siliconを採用するMac用に開発されたM1チップを、いわば逆輸入するかたちで搭載して登場した新しいiPad Pro。そのパフォーマンスがどれほどのものなのか、嫌でも期待は高まる。この記事では、現行のほとんどすべてのiPadと、新しい12.9インチのiPad Pro(第5世代)のパフォーマンスを、各種のベンチマークアプリを使用して比較する。

今回のテストの概要

 新しい12.9インチのiPad Pro以外には、iPad Air(第4世代)、iPad(第8世代)、iPad mini(第5世代)の4機種をテストした。いずれもARMベースのAシリーズのプロセッサーを搭載している。具体的には、iPadとiPad miniが同一のA12 Bionic、iPad AirはA14 Bionicの各チップを採用している。いずれのチップも、Neural Engineを搭載し、機械学習関連の処理に対するアクセラレーターを備えている。iPadとiPad miniは、画面のサイズが10.2インチと7.9インチで大きく異なり、当然ながら本体サイズもそれに応じて異なる。それでも、パフォーマンスに直接関わる部分の仕様については、大きくは違わないと思われる。ただし、FaceTime HDカメラの画素数は、前者が1.2MPで、後者が7MP、最大ストレージ容量も前者が128GBなのに対し、後者は256GBとなっているなど、どちらかというと後者(mini)の方が上位モデルという位置づけに見える。

 現行モデルで今回のテストに含まれていないのは、M1チップを搭載した新しいiPad Proの11インチモデルだけとなる。このモデルについては、まだ実際にテストできていないが、仕様から考えてパフォーマンス的には12.9インチモデルとほとんど変わらないと予想できる。

 今回テストした合計4機種のiPadのCPUまわりの基本スペックを表にまとめておこう。

 このような細かなスペックは、アップルの公式データとしては公表されていない。これらの数字は、今回使用したベンチマークテスト用アプリのGeekbenchが表示したもの。実際に各ハードウェアの上で動作しているソフトウェアによって検出したものだが、必ずしも100%正確だとは限らない。とはいえ、少なくともベンチマークテスト用のプログラムは、そうした仕様の上で動作していることになる。後から示す結果を見る上で、この中で記憶しておきたいのは、コア数の違いだ。M1チップのみ8コアで、A14もA12も6コアとなっている。

 またベンチマークテスト結果で検証できるわけではないが、キャッシュのメモリ容量にも違いがある。M1とA14、A12を比較したとき、いずれもL1命令キャッシュの容量は128KBで同じ。ところが、L1データキャッシュとL2キャッシュの容量は、M1とA14がそれぞれ64KBと4MB、A12は128KBと8MBで、上位のCPUの方が下位の半分になっている。これは、アーキテクチャの効率化を反映したものと思われるが、パフォーマンスの向上を達成しながら、コストダウンを意識して設計されたものと考えることもできる。

 実際に使用したベンチマークアプリは、広く使われているいつものGeekbench(5.4.1)、最近登場した機械学習関連の処理に特化したGeekbench ML、主にスマートフォンの総合的なパフォーマンス評価に広く利用されているAntutu(8.4.3)の3本だ。また、別の角度からのパフォーマンスを評価するために、Safariの上で動作するウェブアプリの性能を測定するJetStream 2も利用した。さらに、一般的なアプリの性能を評価できるよう、iMovieを使って約50秒の4Kムービーを540pの解像度で出力する(再エンコード含む)のに要する時間も測定した。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中