このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第35回

現行iPadベンチ総チェック! 1つの例外を除いてM1搭載iPad Proが圧倒

2021年06月29日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以下、それぞれのテスト結果を見ながら、ざっと考察していこう。

■Geekbench 5
 まずは、それぞれの機種に対して、Geekbenchで計測可能な3種類の数値を一覧表に示す。

 Geekbenchでは、主にCPU性能とGPU性能を計測する。CPU性能については、1つのコアだけを使ったシングルコアと、利用可能なコアをすべて使用したマルチコアの各スコアを別々に計測する。またGPU性能については、グラフィック性能ではなく、GPUによる数値計算のパフォーマンスを評価している。そのテストは、GeekbenchではComputeと呼ばれている。

 これらの結果の中で、まずCPU性能だけを取り出してグラフ化してみよう。

 CPUの総合的な性能は、当然ながらマルチコアのポイントで評価できる。ここでは、iPad Proが抜群の性能を示している。iPadとiPad miniはほぼ横並び(じゃっかんminiが速い)だが、iPad Airはその1.5倍以上速く、さらにProはAirより約1.7倍も速い。

 おもしろいのは、CPUの世代的にさほど変わらないProとAirのシングルコアの性能は、それほど大きな差ではないのに、マルチコアではこれだけの差がついていること。Airが6コア、Proが8コアであることを思い出せば、結果には、それ以上の開きがあり、M1チップのマルチコア性能の高さがよくわかる。

 GPU性能を評価するComputeのテスト結果は、また別のグラフで確認しよう。

 グラフの形だけを見ると、傾向としてはマルチコアのCPU性能に似ている。つまり、iPadとiPad miniがほぼ横並びで、Airはそれらより2倍以上速く、ProはAirの1.7倍程度も速い。iPadやminiから比べれば、Proは4倍も速いことになる。その性能比は、CPUのマルチコアよりも大きく、かなり印象的な結果となった。ほぼ同世代の同型のデバイスの性能比としては、驚くべきものと言える。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中