このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第35回

現行iPadベンチ総チェック! 1つの例外を除いてM1搭載iPad Proが圧倒

2021年06月29日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■Geekbench ML
 比較的最近登場したGeekbench MLは、Geekbench 5がiOS/iPadOS版は有料なのに対して、今のところ無料で利用できる。機械学習に関するCPU性能とGPU性能、さらにはCore MLの性能が計測できる。このうちCore MLというのは、iOS/iPadOSの場合であり、一般的(Androidデバイスの場合など)にはCPUとGPU、そしてNPU(Neural Processing Unit)の性能を評価することができる。Core MLを使えば、M1にしろ、A12、A14にしろ、内蔵するNPUの一種、Neural Engineが主に使われるはずだ。

 まず、4機種の結果の数値を表で示そう。通常のGeekbenchと同様、測定結果はポイントで示されるので、数値が大きいほど高速ということになる。

 テストによって結果の数値のスケールが異なるので、機種間の比較がしやすいよう、テストごとにまとめてグラフ化した。

 グラフの形は、どのテストでも似たような傾向を示している。つまり、iPadとiPad miniはほぼ同一で、それよりiPad Airが速く、iPad Proはさらに速いという結果だ。中でも、搭載チップによる差が最も大きいのはGPUだ。このテストでは、CPU性能の差は意外に小さい。Core MLを通して計測したNeural Engineの性能も、A12とA14の違いは、約1.8倍となっていて大きいが、A14とM1の違いは10%強ほどで、それほど大きくないことが分かる。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中