このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第35回

現行iPadベンチ総チェック! 1つの例外を除いてM1搭載iPad Proが圧倒

2021年06月29日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■Antutu
 Antutuの示す結果の正当性については、いろいろと議論のあるところかもしれない。しかし、これまでの経験からすれば、デバイスの持つポテンシャルを比較的忠実に反映したもののようにも見える。特に総合的に表示される数字1つで、そのデバイスのランクが、おおよそにせよ把握できる点は優れている。またウェブ上には、非常に多様なデバイスの結果が掲載されているので、他機種との比較も容易だ。

 Antutuでは、総合性の他、CPU、GPU、MEM(メモリ)、UI(ユーザーインターフェース)の性能が、いずれもポイントとして表示される。まずは表で確認しよう。

 Aututuの結果の総合性能は、実はCPU、GPU、MEM、UIの各数字を合計したものだ。そこで、積み上げグラフで結果を比較してみよう。

 この結果を見ると、M1を搭載したiPad Proがすべての面で優位であることが分かる。特にCPUとGPUでは、他機種との違いが大きい。また、メモリー性能がMEMテスト結果に正しく反映されているとすれば、M1のProは、A14のAirの2倍近いメモリー性能を示しているのが印象的だ。これには、やはりM1チップがチップ内にメインメモリーを内蔵するユニファイドメモリーアーキテクチャを採用していることが功を奏しているのかもしれない。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中