このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第235回

エリア展開には暗雲も:

楽天モバイル「iPhone正式対応」で飛躍できるか

2021年05月11日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

楽天モバイルが六本木店をオープン。iPhoneの取り扱いも始まった

 楽天モバイルは4月30日、「iPhone 12」を始めとするアップル製品の取り扱いを開始し、六本木の新店舗でオープニングイベントを開きました。携帯キャリアとして必須ともいえる「iPhone対応」という大きな課題を乗り越えたことに注目です。

■「iPhone対応」の意味とは

 楽天モバイルによるiPhoneの取り扱い発表は、端末としてiPhoneを売るだけでなく、楽天モバイルというキャリアにiPhoneが正式対応したことが大きな特徴といえます。

 すでに楽天モバイルを契約して問題なくiPhoneを使っているという人は多いものの、これまで楽天モバイルはiPhoneを「動作確認済み」としながらも、「動作保証はしない」という曖昧な状態に置いていました。

 動作保証がないということは、iOSのアップデートなどで不具合が起きる可能性があったといえます。過去に国内のMVNOで同様の問題が起きたことから、iPhoneをメイン端末として使うことはおすすめできない状況でした。

 そこで今回、楽天モバイルがiPhoneに正式対応したことで、これらの問題が改善されたわけです。対象の機種は、楽天が公開している対応製品のリストで確認できます。

 「正式対応」の裏には、アップルの協力もあったようです。キャリア対応にはコストがかかることから、アップル側はある程度まとまった台数を取り扱うことを条件にしたとみられています。そういう意味では、アップルが楽天モバイルの可能性を認めたともいえるでしょう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン