このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第14回

【実機レビュー】みんなで広げよう「AirTag」の輪! アップルの忘れ物防止スマートタグが便利

2021年04月22日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルの紛失防止スマートタグ「AirTag」。注文は4月23日21時から、4月30日発売

 アップルがiPhoneにペアリングして使う新しいアクセサリー「AirTag(エアタグ)」を発表した。バッグにカメラ、ウォレットなど大切な持ち物に装着して紛失・盗難を防ぐためのBluetoothスマートタグだ。実機によるファーストインプレッションをレポートしよう。

アップルのAirTagは「小さい・軽い・安い」

 AirTagは税込価格が1個3800円、4個セットで1万2800円とアップルのデバイスの中ではかなり安価に買える。光沢仕上げのステンレスとした片側にアップルのロゴが彫られている。アップルストアで注文すると、反対側のドーム型になっている白い樹脂素材のパーツにイニシャルや好きな絵文字が刻印できる。

500円玉とサイズを比べてみるとこのような比率になる

 AirTagは500円玉よりもひとまわりほど大きい直径約31.9mm、厚みが約8mmの小さなデバイスだ。質量は11g。複数の持ち物に付けたところで、AirTagのせいで手荷物が重く感じられることはないだろう。

バッテリーは汎用性の高いコイン型電池CR2032。ユーザー自身で簡単に交換できる

 電源は家電量販店やコンビニ、スーパーなどでも買えるコイン型のCR2032電池1個で約1年間動く。樹脂と金属の本体を水平方向へ回転させるようにスライドすると、フタが開いて電池交換ができる。

 AirTag本体はIP67の防塵・防水対応だ。日常的な使用方法の限り、本体が簡単に破損しないような耐衝撃性能も十分に持たせている。傘やアウトドア用のバックパックに付けてもいい。

アップル純正のAirTagレザーキーリングを使ってバックパックに装着。コンパクトだから良い意味で目立たない

 見守り用として、ペットのネックバンドなどにAirTagを着けたくなるかもしれないが、アップルではこのような使い方は推奨していない。実際、見守りたくなる小動物にはAirTagの大きさが少しアンバランスになるのでかわいそうだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中