このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第22回

アップル×エルメス「AirTag Hermès」見つからない探しものを追跡

2021年04月30日 17時30分更新

文● 飯島エリコ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「AirTag Hermès」のバッグチャーム

 アップルとエルメスが、4月30日から持ち物を追跡して見つけ出すツール「AirTag Hermès」(エアタグ エルメス)を発売しました。これはiPhoneとペアリングすることで、どこかに置き忘れたり、見つからないときにiPhoneをタップして見つけ出すツールです。

なぜ、見つかるの? 世界中の10億台のiPhoneが協力して発見する仕組み

 鍵やお財布、大事なものが「ちょっと見当たらない……」なんて、日常生活の困ったことのひとつとしてよくあること。アップルの「AirTag」やエルメスの刻印が入った「AirTag Hermès」(以下、AirTag)を大事なものに付けておくと、複数の方法でiPhoneを利用して探し出してくれます。

iPhoneのアプリ「探す」の「持ち物を探す」からエアタグの名前をタップすると、このように表示されます。実際は地図がもっと拡大されて詳細な場所が表示されますが、私のバッグの場所がわかってしまうので……

 まず、家の中など狭い場所でBluetooth範囲内であれば、iPhoneのアプリ「探す」の「持ち物を探す」をタップ。さらにエアタグに付けた名前(私はHERMESと名前を付けました)をタップすると、「サウンドを再生」が表示されます。

 ここタップするとAirTagから「ピロピロ……ピピピ」とかわいい音が鳴るので、音をヒントにすることで見つけやすくなります。音が聴こえないときやiPhone 11とiPhone 12のユーザーの場合は、「探す」アプリの「持ち物を探す」から右側の「探す」をタップすることで、iPhoneに「↑」の表示が出て方向を示してくれます。

iPhone 11とiPhone 12のユーザーの場合は、「探す」アプリの「持ち物を探す」から右側の「探す」をタップすることで、iPhoneに「↑」の表示が出て方向を表示します

 万が一、外出先に置き忘れてしまった場合は、iPhoneの「探す」アプリからAirTagを「紛失モード」に変更しましょう。世界中の10億台のiPhoneが協力する「探す」ネットワークが、追跡を手伝ってくれます。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中