このページの本文へ

Alienware Aurora R11 第2回

BlackRay選手、あにつん選手、SuzuC選手、gatorada選手、Ayagator選手にインタビュー!

日本最強&世界も狙う「CYCLOPS athlete gaming」R6S部門メンバーに聞く、Alienwareがゲーム・eスポーツで最強な理由 (4/5)

2020年12月25日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

感度は自分の一番を見つけたほうがいい
とにかく楽しむことが大事

ーーAlienwareのスゴさを語っていただきましたが、ここからはレインボーシックス シージについても聞いていきたいと思います。まずは、グラフィックス設定について教えてください。

敵のピークが事前にわかることもあるため、シャドウの設定だけは上げているというAyagator選手

Ayagator選手:Alienwareのマシンだとここまでしなくても大丈夫なのですが、昔からのグラフィックス設定で慣れているので、基本はほぼ低にしています。ただ、「シャドウ」だけは中にしています。今使っているパソコンであれば、余裕で240Hz貼り付きますよ!

ーーシャドウだけ中にしているのは、どういう意図があるのでしょうか?

BlackRay選手:敵がピークしてくるときに、影が先に見えて対応できたりするんですが、シャドウまで低にしてしまうと、それが見えなくなってしまうんです。なので、個人的にはシャドウは高がオススメですね。Alienwareであれば、シャドウを高にしてもフレームレートは微動だにせず下がらないので。

ーーでは、マウス感度などの設定はどれくらいにしていますか?

正直人の感度を真似するより自分の一番あった感度を見つけるほうがいいと思いますと説明するあにつん選手

あにつん選手:正直、プロになるとある程度感度を変えたり、FOVやアスペクト比を変えても即座に合わせられます。なので、気分で変えたりもしてますよ。

ーーえ、そうなんですか?

BlackRay選手:そうですね。あとは、人の真似をするより、エリミネーションをひたすらプレイして、理想の感度など設定を見つけたほうがいいと思います。

ーーなるほど。では、エイム力を上げるために行なっていることとかあったりしますか?

SuzuC選手:正直、テロハントとランクをプレイしていれば、エイムは向上すると思いますし、とくにエイムを向上させるための練習はしていないですね。レインボーシックス シージは、正直エイムがそんなによくなくても立ち回りなどでカバーできるゲームなので。

ーーそれは確かにそうなんですけれど……

BlackRay選手:プロの中にも、エイムはいまいちだけどスタッツでも上位にいる選手は結構いますよ。それは立ち回りだったり、頭を使って立ち回りで敵を上手く動かしたりできているからなんです。ようは心理戦なんですよね。

Ayagator選手:あとは、プロ選手の動画を観て、イメージして実際に使ってみたりするといいですよ。こういうときはこれが使えるっていうレパートリーを増やしていけば、全然勝てるようになります。

ーーイメージや立ち回りを覚えることが大事ってことですね。あとは、チームワークを上げるためにはどうすればいいですか? 友人とプレイしているんですけど、中々チーム力が上がらなくて……

あにつん選手:自分だけじゃなくて、ほかの人が何しているかにも注目してプレイするといいかもしれないです。そうすれば、ほかの人が何をしたいかが理解できてくると思うので。

ーーなるほど。

真面目にやりすぎると腹立つんで、楽しんだほうがいいですよ! と語るSuzuC選手

SuzuC選手:あとはとにかく楽しむことですね。真剣にやっているとどうしてもイライラしてしまい、雰囲気悪くなったりするんですけど、楽しむことに全力でいれば、そんなにイライラしなくなりますよ。

ーーでも、ランクマッチとかポイントがかかっているから、より険悪になりますよ。

SuzuC選手:確かに。CAGのメンバーでランクやっていても、全然負けるのでイライラしますよ(笑)。でも、結局楽しまないと意味ないので。

ーーえ、フルパ(5人パーティー)で負けることあるんですか?

みんな好き勝手動くから結構負けますと笑うgatorada選手

gatorada選手:全然負けます。昨日も2勝6敗でしたよ。

ーーそれは皆さん自由に動き回るからですか?

BlackRay選手:スクリムを真剣にやっているというのもあって、ランクであれば自由に動き回りたくなるというのもありますし、スクリムでは選択するオペレーターが決まっているので、ランクだと自由にピックしたいじゃないですか。

スクリムだけでなく、フルメンバーでランクに行くこともあるという

ーーなるほど。そういうことですね。

SuzuC選手:なので、あまり気にせず楽しんでプレイすることが大切ですね。ランクは考えながらやっていれば、そのうち上がっていくと思うので。

この連載の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー