前へ 1 2 3 次へ

ゲーマーだけでなくクリエイターにもオススメしたい

第11世代Core i7搭載「Razer Blade Stealth 13」は従来モデルに比べて爆速化してた

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スタイリッシュなボディーワークながらハイパフォーマンスなゲーミング環境を提供する「Razer Blade Stealth」シリーズから、インテル第11世代Core i7プロセッサー搭載モデル「Razer Blade Stealth 13」が登場した。

 外観的には従来モデルと変わらないものの、中身は一新。13.3型120Hz駆動液晶モデルと有機EL(OLED)モデルの2タイプが用意され、ゲーマーだけでなくクリエイティブユーザーにもオススメ。今回いちはやくお借りできたので、従来の第10世代Coreプロセッサーモデルと比較しつつ、最新モデルをレビューしていこう。

見た目は変わらないけど中身はかなりパワーアップ

新「Razer Blade Stealth 13」は外観的には従来モデルと変わらない

 「Razer Blade Stealth」シリーズといえば、そのスタイリッシュな外観が印象的だ。厚さ15.3mmでフラットなデザインは、ゲーミングPCにありがちなゴツゴツとした派手な印象のスタイルとは一線を画しており、ビジネス用途でも通用するほどシックな装いだ。

 天板にはRazerのロゴが刻印されているものの、ボディーカラーのステルスブラックと同系色に光沢処理をしているだけなので、あまり主張はしていない。サイズは304.6(W)×210(D)×15.3(H)mmで、重量は1.41kg。13.3型モバイルPCとしては若干重いものの、高級アルミニウムを使用した高精度CNC加工のユニボディーフレーム構造を採用しており、質感と堅牢性は非常に高い。

天板の中央にロゴが刻印されているが、同系色なのでそんなに主張していない

 天板を開くと、上部と左右のベゼルを細くした画面が目の前に広がる。今回お借りしたのは120Hz駆動のフルHD液晶モデルで、100% sRGBに対応。ノングレア加工されていて、照明などの反射はほとんど気にならない。

 キーボードは、フルカラーLEDバックライトを搭載し、付属のアプリで自分なりにカスタマイズしたり、150以上のChrome対応ゲームなら、それに合わせたカラーリングに変化してくれる。

キーボードはフルカラーLEDバックライトつき

キーボードバックライトのライティング設定は、付属のツールで行なえる

キーストロークは浅いが、打鍵音も小さくタイピングしやすい

 タッチパッドは、高精度ガラスタッチパッドを採用し、なめらかな滑り心地で、正確なコントロールが可能。領域も広く、アプリの操作ならマウスでなくても扱いやすく感じた。

指の滑りがよく、タッチパッド領域も広いので扱いやすい。クリックも自然に行なえた

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月