前へ 1 2 次へ

ヤバイほどのフィット感がクセになる!

超低レイテンシーでノンストレスのワイヤレスマウス「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」実機レビュー

文●写真 宮里圭介 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Razer DeathAdder」は、エルゴノミクスデザインのゲーミングマウスとして、2007年から続く人気のシリーズだ。長く有線モデルとして続いていたが、昨年発売された「Razer DeathAdder V2 Pro」で、ついにワイヤレスへ対応した。

 今回紹介する「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」は、このワイヤレスモデルの廉価版に位置づけられる製品だ。

 スペックを比べてみると、意外と異なる点が多い。たとえば、ボタンスイッチがオプティカルスイッチからメカニカルスイッチになっていたり、電源が充電バッテリーではなく乾電池、センサーが2万DPIから1万4000DPIになっている、というあたりが目立つところだろう。

 これらの変更は突き詰めていけば多少の違いがあるかもしれないが、当然ながらRazerのゲーミングマウスとしてのクオリティーをクリアしているだけに、多くの人にとっては影響はほとんどない。

 たとえばスイッチの耐久回数。オプティカルスイッチが7000万回なのに対し、メカニカルスイッチは6000万回へと下がっているが、十分な耐久性があるのだ。

 つまり、多くの人にとって影響がない範囲でコストを削っているという点で実直、ユーザーにとって魅力的なモデルとなっている。

 もちろんコストを削っているといっても、ゲーミングマウスとしてのキモとなる部分はしっかりと継承している。

 この「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」の特徴を、スペックや使い勝手などの面から紹介していこう。

BluetoothとRazer HyperSpeedの2つのワイヤレス方式に対応。持ちやすいエルゴノミクスデザインのゲーミングマウスだ

無理なくつかめ、ボタンが押せるフィット感
ボタンのレイアウト変更で誤操作を防止

 形状は、従来のDeathAdderシリーズを踏襲したエルゴノミクスデザイン。手をマウス全体に乗せるようにして使う、いわゆる「かぶせ持ち」スタイルで利用する。

 かぶせ持ちは安定感のある持ち方となるものの、手に合わないマウスをかぶせ持ちで使うと、手首への負担が増えたり、肩こりの原因ともなってしまう。

 しかし、「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」はそういった心配が皆無といえるほどのフィット感が特徴だ。

 とくに感じたのが、中央の盛り上がりが指の付け根にしっかり沿っていることと、下部のなだらかな傾斜が手のひら全体にピタッと吸い付く感触だ。また、手の角度は小指の方が少し下がるようになっており、手首への負担も少ない。

上から見ると左右対称のように見えるが、実は、右側面が膨らんでいる。この膨らみが手のひらのフィット感を高めている

横から見ると、思っている以上に中央の盛り上がりが高い。下部はなだらかな傾斜で、手首に負担がかかりにくくなっている

 フィットするかは手の大きさによっても変わってくると思うが、自分の手は男性の平均よりも少し小さいくらい。それでもしっかりフィットしていることから、多くの人の手に合うよう、しっかりと研究されたデザインなのだろう。

 基本的にデザインは踏襲されているものの、変更されている部分もある。それがボタンの配置だ。今までは感度変更などに使うボタンがホイールの下に配置されていたが、これが、左ボタンのさらに左端へと移動になっているのだ。

 ボタンが押しにくくなったという点では不満を持つ人もいると思うが、個人的にはこの変更はうれしいポイント。理由は簡単で、ホイールを操作しているときや、マウスを握りなおしたときなどに感度変更ボタンに触れてしまい、イラッとしてしまう経験があるからだ。誤押ししやすい位置にボタンがあるというのは、快適な操作感とは言いがたいだろう。

 今回移動したボタンの位置は、指で明確に押しに行かなければ届かない位置にあるため、誤って押す心配がなくなった。

 ちなみにボタンの押下感は、一般的なマウスに比べかなり軽い。サイドボタンも含め力を入れずに押せ、ストロークも浅めとなっているため、素早く操作できるのがメリットだ。ちなみに、ホイールの押下だけは固めとなっている。これはホイール操作中に誤押ししてしまうことを懸念してのことだと思われる。

 なお、ホイールはやや粘りがある動きで、軽快に回転するわけではない。これは好き嫌いが分かれそうだが、ゲームでのアイテム選択などで使うには、回転しすぎないこの方が都合良い。

乾電池式は重さ調整にも利用可能
2つのワイヤレス方式への対応で、切り替え操作も

 ワイヤレスモデルの懸念といえば、電源だ。古い製品だと単3乾電池×2本が必要なうえ、月に1度は交換が必要というものが多かったが、ここ10年ほどで大きく改善。今では1本で動作し、数ヵ月持つという製品も増えている。

 「Razer DeathAdder V2 X HyperSpeed」も、そんな電池持ちのいいモデルだ。どのくらい持つかは使い方やワイヤレス方式によって変わるが、Bluetooth接続なら最大615時間、Razer HyperSpeed(USBレシーバーによる2.4GHzワイヤレス接続)でも最大235時間もの利用が可能。1日5時間PCを利用するとして単純計算すると、Bluetoothなら4ヵ月、Razer HyperSpeedでも1ヵ月半ほど持つことになる。

 面白いのが、この電源の電池として、単3と単4の両方に対応していることだ。

上面のカバーを開くと電池ボックスが現れる。電池1本で動作するのは同じだが、単3形・単4形の両方が利用できる

 2つの電池に対応している理由は、これがマウスの重さに影響するからだ。マウス本体の重さは、実測で約77.2g。手元にあった電池の重さは単3で約23.3g、単4で約11.2gだったので、合計重量でいうと100.5gと88.5gとなり、意外と差が大きい。

 軽快な動きを重視したいなら単4、安定した動きにするなら単3といったように、ユーザーが選択できるというのがうれしい。さらに重たくしたければ、空いている電池ボックス部に重りを入れるというのもありだろう。

 そこまで重量を気にしない人には意味がないコダワリに見えるが、意外とそうでもない。どちらも使えるというのは、どちらでもいいということでもあり、つまり、余っている電池が使えるのだ。むしろ、無頓着な人にこそメリットがあるともいえる。

 この電池ボックスのすぐ横にあるのが、Razer HyperSpeed対応のレシーバー。Bluetoothのようにペア設定が必要なく、USBポートに挿せばすぐに使い始められる。

Razer HyperSpeed用のレシーバー。非常にコンパクトで、USBポートに挿しっぱなしでも目立たない

 Bluetoothとの違いは、レイテンシーの大きさだ。Bluetoothは応答性に関して厳密ではないため、たまに反応が鈍い……ということを経験したことがある人も多いだろう。

 これに対してRazer HyperSpeedは、ワイヤレス方式を採用するマウスの中でも、屈指の低レイテンシー。ゲーミングマウスに要求される精密かつ迅速な操作に、しっかりとついてこられるわけだ。

 また、スリープからの復帰時間にも大きく違いがあり、Razer HyperSpeedはほぼ瞬間的に使えるのに対し、Bluetoothは数秒ほどかかってしまうという差があった。

 Razer HyperSpeedとBluetoothとの切り替えは、底面のスライドスイッチでできる。

中央センサー部のすぐ左にあるのが、切り替えスイッチ。BluetoothとRazer HyperSpeedの切り替えのほか、明確に電源オフにもできる

 こんな操作しやすい場所に切り替えスイッチがなくてもいいのでは、と考えてしまうが、これが、2台のPCを操作するのに便利。片方のPCにはRazer HyperSpeed のレシーバーを挿し、もう片方のPCにはBluetooth接続を行っておけば、手元のスイッチ切り替えて2台とも操作できるようになるわけだ。

 メインで使うデスクトップはRazer HyperSpeed、サブで使っているノートPCはBluetooth、といったように使い分けると便利だろう。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月