• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「シーズン7 - アセンション」は11月5日実装

Apex Legends新マップ「オリンパス」に新レジェンド「ホライゾン」、R-99復活など盛りだくさんのシーズン7を先行体験

2020年11月03日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

新レジェンドのホライゾンは縦の動きに注目

ホライゾン

 続いて、新レジェンドとして登場する天文物理学者のホライゾン(本名、マリー・ソマーズ博士)だが、1人息子を持つ母親という側面もある、今までにはいなかった背景を持つ人物となっている。詳細は公式ページのレジェンド紹介をチェックしてほしいが、彼女もまた、本作特有の特殊な事情を持つレジェンドの1人だ。

 彼女の戦術アビリティ「グラビティリフト」は、ローバの戦術アビリティ「盗賊の相棒」のように投げて、地面に着地すると発動する。シーズン6終盤に各所にあったので体験した人も多いと思うが、触れると空中に舞い上がることができる。これはホライゾン本人だけでなくほかのレジェンドも利用できるので、タイミング次第では敵を奇襲したり、逆に回避や逃走に使うこともできそうだ。

「グラビティリフト」

 アルティメットアビリティー「ブラックホール」は、その名のとおりブラックホールを発生させて、そこにプレイヤーを引き寄せることができる。敵の集団に投げつければ移動速度を低下させることができ、その間に攻撃するといった使い方が可能。集団戦で上手く利用すれば、戦局を大きく変えることができる、強力でやっかいな能力となりそうだ。

「ブラックホール」

 パッシブアビリティ「スペースウォーク」も持っており、高所からの着地時に発生する硬直状態を無効化するというもの。ほかのレジェンドだと着地時に一瞬隙が生じるが、ホライゾンにはそれが起こらないので、よりスムーズな立ち回りが可能というわけだ。どのアビリティもプレイヤーや使用場所によって使い方の幅は広そうなので、実装後どんな利用方法が見つけられるかも、楽しみだ。

R-99が通常武器に復帰、代わりにケアパケ武器はプラウラーに変更

R-99が通常武器に復帰

 マップやレジェンドのほかに、先行プレイで衝撃だったのが、R-99の通常武器への復帰だ。日本の多くのプレイヤーが好んで使用していた武器だけに、通常武器へ復帰したことに歓喜している人も多いだろう。その代わりに、プラウラーがケアパケ武器に変更になった。シーズン6では、プラウラーはボルトと双璧をなす強力な近距離向けの銃だったので、個人的にはR-99が帰ってくるなら妥当かなと感じた。

プラウラーがケアパッケージ武器に

 そのほか、新たなポップアップ「クイックドローホルスター」が登場。こちらはウィングマンとRE-45に付けることができ、装着すると武器の切り替えがかなり高速になる。とくにウィングマン+何かを使用して戦っていた人にとっては、かなり強力なのではないかと思う。ただし、クイックドローホルスターを付けるとスカルピアサーは装着できないので、そこはプレイヤーの選択次第となる。

新たなソーシャル機能「クラブ」が登場
より楽しく遊ぶ仲間を見つけよう

 さらに、シーズン7からソーシャル機能「クラブ」が実装される。クラブは、作った人がオーナーとなり、管理権限はオーナーから複数人に付与することが可能。5種類の検索タグを用意し、例えばカジュアルに楽しみたい、ランクをバリバリ遊びたいといった目的に合わせて検索ができる。最大30人まで登録が可能だが、今後はプレイヤーのSNSなどでの反応を見て、少なそうだなと感じたら増やすことも検討するとのことだ。

 シーズン7では、バトルパスのシステムを簡素化し、チャレンジをクリアすることで星が付与され、10個集めるとレベルが上がる仕様になっている。そのほか、Steamでの配信が開始。Steamでは、従来のOriginアカウントのデータを引き継ぎできるとのことだ。

新たなバトルパスも、もちろん登場

 Apex Legendsは、今後Nintendo Switch版の登場がアナウンスされているほか、PlayStation 5やXbox Series Xでもプレイ可能。従来と比べて大きく変化するシーズン7。11月5日実装ともうすぐなので、楽しみに待っていよう。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう