前へ 1 2 3 4 次へ

今後2~3年間はハイエンドで戦える性能

Ryzen 7&RTX 3080搭載PCで税別20万円以下「FRGAB550/WS」、超お手頃価格で4Kゲーミングを実現!

文●松野将太 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FRONTIER「FRGAB550/WS」。直販価格19万9800円(税抜)。スペック違いの上位モデル「FRGAB550/Gen4」は20万9800円(税抜)

 NVIDIAが発表した最新世代のGPU「GeForce RTX 30」シリーズのうち、もっとも早くリリースされたものといえば「GeForce RTX 3080」だ。前世代の「GeForce RTX 2080 Ti」をあらゆる点で凌ぐ高性能ぶりが大きな話題となっているが、もちろん、各BTOメーカーからは同GPUを搭載するデスクトップパソコンが登場している。

 FRONTIERの「FRGAB550/WS」および「FRGAB550/Gen4」は、同社が販売するデスクトップPC「GAシリーズ」のRTX 3080搭載モデル。いずれもCPUに「Ryzen 7 3700X」を搭載しており、コストパフォーマンスの高さを特徴としている。メモリー容量は16GB、ストレージはシステムドライブがSSD、データドライブがHDDで、容量的にも十分だ。

 下位モデルと上位モデルの違いは搭載するNVMe SSDの速度で、下位モデルは一般的なPCIe 3.0接続のSSD、上位モデルはPCIe 4.0接続のSSDを採用。より高速なストレージがほしい場合、FRGAB550/Gen4が有力な選択肢となる。

 今回は、そんなFRGAB550/WSおよびFRGAB550/Gen4の主な特徴とパフォーマンスをチェックしていこう。

試用機の主なスペック
機種名 FRGAB550/WS FRGAB550/Gen4
CPU Ryzen 7 3700X
グラフィックス GeForce RTX 3080
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD(Intel SSD 665p)+2TB HDD 1TB SSD(CFD販売 PG3VNF)+2TB HDD
チップセット AMD B550チップセット
電源 850W ATX電源(80PLUS GOLD)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース(前面) USB 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
インターフェース(背面) USB 3.2 Gen1×6、PS/2端子、有線LAN端子、HDMI 2.1出力、DisplayPort 1.4a出力×3、マイク入力、ライン入力、フロント出力
サイズ およそ幅200×奥行485×高さ423mm
OS Windows 10 Home(64bit)
価格(税別) 19万9800円 20万9800円
前へ 1 2 3 4 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月