前へ 1 2 3 次へ

インターフェース豊富な筐体で、BTOカスタマイズも充実のラインアップ!

フルHDゲーム用ならコスパ最強レベル、Core i5&GTX 1660 SUPERで税別9万円台のミニタワーPC「FRGXB460/WS16」をチェック

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FRGXB460/WS16」

インターフェース豊富な筐体でBTOカスタマイズも充実のミニタワー「FRGXB460/WS16」

 パソコンは、リモートワークやオンライン会議・授業、さらに動画配信まで、新しい生活様式をスムーズに行なうのにより重要視されてきている。FRONTIERの「GXシリーズ」は、赤いラインや、へアライン風加工が施されたスタイリッシュなフロントデザインのマイクロタワー筐体に、第10世代Core iプロセッサーやGeForce GTXシリーズを採用しており、そういった新しい生活様式にもピッタリな1台となっている。

 また、コンパクトながらフルカスタマイズに対応し、CPUにCore i5~i9を選択できるほか、ビデオカードもCPU内蔵GPUから、NVIDIA最新ハイエンドGPUとなるGeForce RTX 3070まで、シーンに合わせて選択できるのも特徴だ。

スタイリッシュなマイクロタワーを採用する「GX」シリーズ

本体サイズは、およそ幅190×奥行421×高さ約356mmとコンパクトだ

 さらにマイクロタワー筐体では珍しく、5インチベイを搭載しているのもポイントで、撮影した子供や家族の思い出を保存するためのストレージや、映画鑑賞したりするのに最適なBlu-ray Discドライブ(書き込み対応)を追加することもできる。

使用シーンによっては、あると便利な光学式ドライブを追加することもできる

 今回試用した「GXシリーズ」の「FRGXB460/WS16」の主なスペックは、Core i5-10400、GeForce GTX 1660 SUPER、16GBメモリー(8×2)、512GB SSD、1TB HDDという構成。価格は9万7000円(税別)とかなりお手頃ながら、ビジネスワークから、写真の編集や軽い動画の編集、フルHD60fpsでのカジュアルゲーミングまで、汎用性抜群の1台に仕上がっているのが魅力となっている。

 フルカスタマイズに対応する「GX」シリーズだが、インターフェースは基本同じで、USBポートはかなり豊富。前面にUSB 3.2 Gen1(Max 5Gbps)×2、USB 2.0×2、背面にUSB 3.2 Gen1(Max 5Gbps)×4、USB 2.0×2を備えているので、周辺機器などを多く使用する場合でも、USB不足になりにくいのはうれしいポイント。

 とくにフロント×4ポート装備は使い勝手に大きく影響する。USBメモリーや、カードリーダーに加え、リモートワークやオンライン学習、オンラインコミュニケーションの際にUSBウェブカメラ、マイクを接続したり、ゲームプレイ時にゲームパッドコントローラーを接続したりと、4つのUSBデバイスをフロントで抜き差しできるのは非常に便利といえる。

5インチベイや3.5インチベイなど、複数の拡張ベイを備え、用途に合わせてカスタマイズできる

NVMe M.2 SSDに対応し、容量250GB~1TBまで容量を選べる。試用機では512GBの「Intel SSD 660p」が搭載されていた

撮り溜めた写真や動画の保存に向いている3.5インチHDDを複数台搭載できる。2.5インチSSD/HDDや、5インチドライブも増設可能だ

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月