このページの本文へ

オートバックス、モータースポーツに特化したeSportsシリーズを開幕

2020年10月17日 10時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロレーサーも参戦するeSports
AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2020 Series

 モータースポーツに特化したeSportsシリーズ「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2020 Series」が、今年の12月から開幕する。

JeGTのイメージ画面

 JeGTは、プロレーサー、トップゲーマーをはじめとしたハイレベルなプレイヤーが、レーシングゲームでその速さや技術を競い合うeモータースポーツにおける国内トップカテゴリー大会。

JeGTのイメージ図

 昨年9月に初めてのエキシビション大会を開催。今年1月、東京オートサロンにて2回目の大会を実施。それを受け、オートバックスセブンとスポンサーを締結し、公式シリーズ化する運びとなった。

JeGT過去の歩み

 ソフトは「グランツーリスモ SPORTS」を使用。賞金総額500万円をかけて、予選ラウンドはオンライン形式にて4回実施した後、3月にオフラインにて決勝ラウンドを1回実施する予定だ。なお決勝ラウンドは大阪にて、観客を入れてイベント実施を検討しているとのことだ。

JeGT公式シリーズ開催概要

賞金総額は500万円

大会日程

 参加ドライバーはプロレーサーのほか、一定のスキルを有するJeGT認定ドライバーのみとなる。JeGT認定ドライバーは、今後増やしていく予定だという。参加チームはARTAのほか、HKS、NISSAN TRUST RACING、D’Station RACING、UPGARAGEなど10チーム。なおチームは12月まで受け付けているとのことだ。

JeGTに認定ドライバーとその制度について

現在予定している出場選手とチーム

JeGTドラフト会議を実施し、チームの均衡を図るとのこと

 ドライバーとチームの契約はJeGTドラフト会議を実施。これによりチームの均衡を図り、シリーズ戦をより白熱したものとする予定だ。

NGM 代表取締役でJeGT運営代表の北浦 諭氏

 NGM 代表取締役でJeGT運営代表の北浦 諭氏は、「ここ1~2年でeスポーツという言葉をよく耳にするようになりました。特にここ半年はその注目度が増しています。eモータースポーツの世界では、若い頃からレーシングゲームに触れてきた子が、そのままサーキットでも活躍しているなど、実際のモータースポーツとの親和性は高いと思っています。クルマの魅力、レースの魅力をより多くの方に伝えられれば、若者のクルマ離れに歯止めがかかるのではないか」と力説。

オートバックスセブンの代表取締役である小林喜夫巳

 オートバックスセブンの代表取締役である小林喜夫巳は「オートバックスは、国内で人気のSUPER GTで長年にわたり冠スポンサーとしてサポートしているほか、ARTAとしても参戦しています。今回、リアルのスポーツだけでなく、eスポーツもサポートする運びとなりました。今後、楽しみやワクワクといった『e(イー)化学反応』が起きることを期待しています。私たちはこれからもクルマが好きになっていく活動を支援していきたいと思います」と挨拶した。

最終戦は3月に大阪で実施予定

 冬になると、ストーブリーグの話題が中心となるモータースポーツ。だが今冬からはネットの世界でも楽しむことができそう。また、JeGTチャレンジャーズという一般参加イベントも検討しているほか、今後、店舗イベントも検討しているという。今年の冬はJeGTに注目してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ