このページの本文へ

柳谷智宣の「コロナに負けるな! 飲食店&生産者を買って応援!」 第22回

実は生産量日本一! 沖縄・久米島の濃厚で身の締まったクルマエビを食べまくる

2020年10月15日 18時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

車エビ生産量日本一の久米島もコロナ禍に悩んでいる

 生産者が集るオンラインマルシェ「食べチョク」(https://www.tabechoku.com/)を見ていたら、「沖縄久米島で育った!!プリっぷりっ鮮度抜群!活〆急速冷凍車海老」という商品を発見しました。なんと、沖縄の久米島は車エビの生産量が日本一とのことです。知りませんでした。

「食べチョク」の販売ページ

 日本人が大好きなエビとはいえ、新型コロナウイルスの影響は大きいようです。生産者である久米総合開発さんからコメントをいただいています。

「中央卸売市場や卸売業者を通して都内の飲食店に出荷しておりましたが、新型コロナの影響で休業や縮小を余儀なくされ、出荷量が激減しました。その影響で卸売市場の競り価格も下落しました。そのタイミングで、卸売スタイルだけでなく、新たな販路として直販を導入し、食べチョクと出会いました」

 沖縄久米島の車エビは、海底およそ612mから取水された清浄な海洋深層水で育てた稚エビを100%使用しています。日々、職人が養殖池に潜水して車エビの生育に必要な環境を整える努力をしているそうです。

 今回いただく「活〆急速冷凍車海老」は、そんな車エビを生きたまま氷で締め、およそマイナス50度で急速冷凍させています。急速冷凍することで、車エビの細胞を傷付けずに凍らせられるのです。

冷凍した状態で届きました

「まずは、お刺身でお召し上がりいただきたい商品です。また、天ぷら、エビフライ、ガーリックシュリンプ、エビチリ、ピザ、パスタ、アヒージョなど幅広いお料理でご賞味いただけます」とのことでした。

濃厚な味わいのエビはそれを活かした食べ方で

綺麗な車エビがぎっしり入っていました

 もちろん、クール便で冷凍した状態で届きます。流水に1〜2分晒して解凍します。常温解凍はNGのようです。あっという間にぶりぶりのエビに戻りました。

さっそく、解凍します

 刺身でもいけるそうなので、さっそくいただきました。身がぎゅっと詰まっていて、濃厚な味わい。食感も旨味もばつぐんの食べ応えです。エビが好きなので、もう幸せです。

まずは、刺身でいただきました

 串に刺して網焼きにして、頭からバリバリ食べるのは最高です。自宅ではあまり天ぷらを作らないのですが、せっかくの車エビですから久しぶりにチャレンジ。上手に揚げられなかったものの、とてもおいしくいただけました。頭も揚げて、スナック代わりに。

串に刺して網焼きしてみます

おいしそうな色に焼けました!

やはりエビの天ぷらは最高です

 アヒージョにもしてみました。当然、エビが最高なのでおいしいのですが、オリーブオイルの香りに押されて、エビの味を堪能しきれなかったかも。串焼きや天ぷらなど、エビが主役の料理のほうが楽しめると思います。

アヒージョもおいしいのですが、エビが素材の一つになってしまったので少しもったいなかったかも

 これだけおいしいエビを自宅で存分に食べられるのは最高です。今回は撮影のためにエビ尽くしでしたが、大満足でした。

 今後の展開についてもお伺いました。

「沖縄久米島ブランド車エビとして品質を追求し、さらに鮮度、見た目、味の三拍子が揃った車エビを提供できるよう努力を継続します。また、沖縄久米島島内のレストランや飲食店においても数多く弊社の車エビをご利用いただいており、新しいレシピの開発を島内の料理関係者の方々に協力していただいて販促に繋げていきたいと考えています」

「まだまだ、全国的に沖縄久米島ブランド車エビの認知は低く、ひとりでも多くの消費者の方々にご賞味いただけるよう尽力して参ります」

 ごちそうさまでした。皆さんも、ぜひコロナで困っている企業から食材を通販で購入し、支援お願いします。

食べチョク

沖縄久米島で育った!!プリっぷりっ鮮度抜群!活〆急速冷凍車海老(500g/25〜29尾/中)【お刺身でも大好評】:https://www.tabechoku.com/products/15644

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!