このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第657回

「裏牛丼」を期間限定で販売中

吉野家、今だけ「アボカドチーズ牛丼」禁じ手のようでドキドキしていただく

2020年09月17日 20時15分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

吉野家のアボチー牛丼。期間限定です。

 吉野家に初めてひとりで入ったのはいつだったでしょうか。スーツを着た男性らがカウンターに肩を並べていて、いかにも“硬派”な食事処というイメージが当初からありました。同じく牛丼チェーン(正しく言うと牛めし)の松屋だと定食メニューや牛以外の丼ものも頼みがちだけど、吉野家に来たならばやっぱり「牛丼」。明治時代に創業して牛丼の歴史を作ってきただけに、そこにかけるプライドは並々ならぬものと受け取っています。

 そんな吉野家から、ちょっと意外なアレンジメニュー「裏牛丼」が登場しています。

 従業員を対象に実施したという「まかない調査」をヒントに開発した、ありそうでなかった牛丼アレンジ4種。「肉だく胡麻ドレ牛丼」「おしんこ月見つゆぬき牛丼」「ネバとろ牛丼」「アボチー牛丼」を9月8日11時からスタート。10月4日までの期間限定です。

 ドレッシングをかけた「胡麻ドレ」、社長がお気に入りという「おしんこ月見」、納豆やネバネバ食材をのせた「ネバとろ」の3つは、吉野家ツウの方が実践していそうと想像できましたが、とりわけ「アボチー牛丼」は異色。チーズトッピングに、さらにカットしたアボカドをプラス。彩りきれいで、サラダ牛丼のようではないですか。いかにも女性向きのよう。

「アボチー牛丼」598円(税別)。テイクアウトもできます。
「海老アボカドサラダ」のアボカドと、トッピングチーズでアレンジしたのが原型のようですよ。

 硬派なイメージがある吉野家で、アボカドのせってアリなのかな? 禁じ手みたいだとドキドキしながらも、吉野家らしからぬ意外性に惹かれてテイクアウトで購入。

 アボカドはクリーミーでフレッシュ、チーズはまろやかで、結果、吉野家の牛丼がずいぶんカドのとれた味わいになりました。

上品なオシャレ吉野家に!

 吉野家の牛丼って食べた瞬間にツユの濃い味で「あー、もう、ご飯にしみて激ウマ。口の中でえんえんと味わっていたい」と魂がギュッと掴まれるのですが、アボチーの場合、アボカドとチーズの風味が牛丼の個性より先に立ちます。

 穏やかに、穏やかに入っていって、牛肉の旨みと重なり、最後にツユのあとを引く味わい。

 チーズが入っているのでコッテリになるかと思いきや、上品に、エレガンスにおさまります。

そっか、吉野家の牛丼のおつゆは、隠し味にワインを使用しているから相性がいいはず。

 あらまあ! 吉野家の牛丼がガラッと印象をかえました!

 最初の一口の勢いこそ失速するのですが、アボカドのみずみずしさや野菜感がプラスされ、さらにチーズのコクもあって、牛丼ならではのそそる味を残しつつも、最後まで飽きが来ません。そう、キレイめにまとまるんです。考えてみると、吉野家の牛丼は隠し味にワインを使用しているので、洋風の食材とも相性がいいアボカドや、それとチーズとも合うのは当然。

 牛肉、アボカド、チーズ、ワイン。そう考えると、口の中でバルが展開されているようで、お酒好きとしては心躍ります。オシャレ牛丼ってこういうことでしょうか?

 ただ、ガツンと濃い牛丼を食べたい気持ちでいると、やっぱりちょっと物足りなさも。個人的には「アボチー牛丼」に、上から「醤油」をかけて「七味」を振りかけたところ、味の濃さが戻ってきて大満足でした。

醤油をかけて七味を振ると、良い感じに!
やっぱり吉野家の牛丼はガツンとしているのがいいなあ。

 アボチー牛丼。吉野家の牛丼とアボカドの意外な相性の良さの発見がありつつも、やはり賛否が分かれそうな一手。メニューとして出ているのは今だけなので、興味ある人はこの機会に試してみてください。

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧