このページの本文へ

【FANZA GAMESプレイ日記】 第62回

花騎士・オトギ・プリコネのスタッフが集結した期待の新作RPG!

フルボイス&アニメーション付きR18シナリオも必見!「ミストトレインガールズ」を先行プレイ

2020年09月15日 20時00分更新

文● 渡部哲矢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ベース/レイヤーキャラ」システムを採用
同じキャラでも性能が変化!

 本作では一般的なRPGと同様にキャラクターを育成してクエストを進めていく。各キャラクターはA/S/SSの3つのレアリティーのレイヤーを強化して育成するのだが、レイヤーのレベルは戦闘をして自動でレベルアップしない。戦闘で得られた経験値を任意で使用してレベルを上げる仕組みとなっている。

キャラクターの項目のベースでは、各キャラのベースの能力やプロフィール、ボイスが確認できる

Aレイヤーはレアリティー的に1番低いが、1番入手率が高い

ガチャの排出率的にメインで使うことになりそうなのがSレイヤー。ステータス補正もAレイヤーより高い

なかなか入手しづらそうなのがSSレイヤー、その分ステータスは高く、戦力としての期待値は大きい。AやSと異なり、強力なスペシャルスキル(Sスキル)を所持している

 キャラクターは、ベースの基礎ステータスに、レイヤーのステータスが補正として乗って強さが決まる。高ランクのレイヤーほど補正値は強力になる。各レアリティーのレイヤーを、それぞれレベルアップするごとに、一定の補正がベースステータスに乗るので、低レアリティーのレベルを上げる必要がない訳ではないようだ。

 また、各キャラクターは戦闘で得た経験値を使って、レイヤーのレベルを上げるだけでなく、戦闘で使用している際に新たなスキルを覚えたり、ステータスが向上して強くなっていく。

 後述するが他のレアリティーのスキルを1つ追加で装備できるので、低レアリティーの持つスキルを追加したい場合は、戦闘に参加させてスキルを覚えさせる必要もある。

戦闘に出すことでスキルを覚えたり、ステータスが向上したりする。経験値だけでなく出撃することで得られるものがかなり大きい

ベースキャラの状態ではレアリティーはない。レイヤーキャラのステータスはここのキャラがベースになる

レイヤーは最大3種類あり、リリース時点では全キャラに全てのレイヤーが実装されているわけではなさそう

武器種と属性が攻略のポイント

 トレインナイトたちは持つ武器種が決まっていて、これらは別ゲームでいうクラスのようなものだ。武器種は9つあり、物理系が剣・斧・鞭・拳・銃・槍・弓、魔法系が魔具・杖となっている。

 また、それぞれの武器種によって属性があるらしく、刃属性が剣・斧・魔具の通常攻撃、衝属性が拳・鞭・杖の通常攻撃、貫属性が槍・銃・弓の通常攻撃で、火・水・風・光・闇の属性が杖にあるらしい。今回のテスト中には確認できなかったが、杖の種類によって異なる属性があるようだ。

 属性と聞くと、「水属性は木属性に弱く、木属性は火属性に弱く、また火属性は水属性に弱い」といった三竦み的な関係性があるのかと思ったが、そういったものは無さそうな雰囲気。単に敵にその属性が効くか効かないかという見方のようだ。スキルによって攻撃の属性は変わるので、武器種を見るだけでなく、所持スキルもチェックしないといい感じの構成ができないかもしれない。

戦闘時に相手のステータス下に属性に対する有効性が表示されている

杖のスキルには回復もある。キャラによって所持しているスキルが違い、武器とスキルの種類は関係なさそう

武器種は斧、こちらでもスキルに回復がある。回復は戦闘不能状態も回復できるようなので、回復スキル持ちのキャラは重要かもしれない

キャラ一覧ではソート、フィルタ機能があり、フィルタの中を見るとタイプにアタッカーやディフェンダー、トリックスター、サポーターという項目があり、それぞれのキャラ特性がしっかり用意されている

カテゴリートップへ

この連載の記事