第1回 ユーザックシステムのRPAで実現した業務自動化の事例

社内のRPAやAI展開を支援する取り組みも

国分ビジネスエキスパート、ユーザックのRPA「Autoメール名人」導入でメール業務を効率化

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは11月29日、同社のRPA「Autoメール名人」を国分ビジネスエキスパートが導入し、メール添付のExcelで提供される売上・仕入れデータの変換や、支払明細書のFAX送信業務を効率化した事例を発表した。

Autoメール名人のフロー画面

 Autoメール名人は、業務にメールをともなう一連作業の自動化に特化するというRPA。メーラーを内蔵するためメール業務を確実に自動化できるとするほか、取引先との大切なデータ交換にも安心して利用できるという。また、自社SEによるサポートも提供している。

 国分ビジネスエキスパートは、2015年にAutoメール名人を導入。これまで手作業で実施していた、メールのExcel添付で送られてくる月2500通の出荷情報を業界標準のフォーマットに変換する作業を自動化したほか、月8000件にのぼるFAX送信業務自動化でも効果を上げたという。

 また、RPAを当該業務に活用するのはもちろん、時間と手間がかかる業務を抱える部署にRPAやAI展開を支援する仕組みも作り、全社的に業務効率化とDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいるとのこと。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
11月