このページの本文へ

ユーザック、ネットスマイルと提携して紙帳票のデータ化を効率化するソリューションを提供開始

2020年06月16日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは6月16日、ネットスマイルと提携してAI-OCRとRPAを組み合わせて帳票業務を自動化するソリューションの提供を開始した。

 ユーザックはアプリケーションソフトの開発、IT関連サービスを提供、ネットスマイルはAI・人工知能開発を行なっている。新たに提供されるのは、紙帳票をデジタルデータ化するネットスマイルの「AIスキャンロボ」と、パソコン操作を自動化するユーザックのRPA「Autoジョブ名人」を連携させたソリューション。

 ソリューションの導入により、スキャンした紙帳票のデータ化から基幹システムへの入力までの自動化を実現。データ入力作業の大幅な効率化が可能となるとしている。

 以下のような業務で効率化が期待される。

・営業部門:見積書、発注書などの入力作業
・総務部門:受取請求書、支払明細書などの入力作業、突き合わせ業務
・物流部門:納品書、送り状などの入力作業
・貿易業務:インボイス、船積み依頼書などの入力作業

 なお、2ヵ月間無償でトライアルできるキャンペーンを実施している。

カテゴリートップへ

ピックアップ