第20回 ユーザックシステムのRPAで実現した業務自動化の事例

ユーザックシステムの「Autoジョブ名人」が医療法人 英仁会 大阪ブレストクリニックに導入

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは6月16日、同社の開発・提供するRPA「Autoジョブ名人」が医療法人 英仁会 大阪ブレストクリニックに導入されたと発表した。

 大阪ブレストクリニックは乳がん治療で大阪No.1のクリニックという。同クリニックでは医師や看護師、スタッフの採用が今後ますます難しくなるであろうと予想し、医療以外の事務作業に関してはできるだけ省力化・機械化を進めることで現場への負担を軽くするため、RPA導入に至ったという。

 これまで、経営会議資料を作成するために医事会計システムからのデータ抽出、集計までを毎月手作業で実施していたが、この作業をRPAで自動化することで毎月4~6時間の削減効果を創出できたとしている。

 また、同クリニックでは、RPA以外にもインターネットによる診療予約システムや、自動音声受付システムを導入して業務の効率化を図っているほか、院内で使用する資材の自動補充発注システムや、検査結果の自動郵送システムについても導入検討を進めており、診療以外の業務の省力化・機械化に積極的に取り組んでいる。

 ユーザックシステムでは、大阪ブレストクリニックへの導入事例を掲載している。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
11月