前へ 1 2 3 4 次へ

第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場

超軽量なのに丸1日バッテリーが持つ!NECパーソナルコンピュータ<LAVIE Pro Mobile PM550/SA>シリーズをレビュー

山口優/編集 村野晃一(ASCII編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NECパーソナルコンピュータの<LAVIE Pro Mobile PM550/SA>シリーズ

 NECパーソナルコンピュータが販売する<LAVIE Pro Mobile>は、13.3型液晶ディスプレイを採用しながら1kgを切る超軽量ボディと長時間バッテリライフを両立した人気モバイルノートPC。そのコンセプトは踏襲しつつ、ニーズの高い機能を強化してさらに完成度を高めた待望の新モデルが登場した。一足早く実機を試すことができたので、ここでは実際の使用感やパフォーマンスなどを詳しく紹介していこう。

場所を選ばず使用できるシンプルでエレガントなデザイン

天面と底面は、ゴム足などをのぞいてフラットなフォルムになっている。カーボン素材が使用されているためスリムなボディにもかかわらず堅牢性が高い

 <LAVIE Pro Mobile>は、マイクロソフトの推進する"モダンPC"コンセプトの要件を満たしたモバイルノートPCで、凹凸のないフラットな天板とボトムケースを採用したシンプルで美しいデザインが特徴。

 モダンPCでは、ウルトラスリム(18mm以下)デザインを採用していることを必要条件に挙げているが、今回試すことができたエントリーモデルのPM550/SAシリーズの場合は、最薄部約10.3mm、最厚部でも約16.7mmというスリムボディを実現しており、カバンなどにもスッと収納することが可能だ。重量も約889gととても軽い。

厚みは最薄部で約10.3mmと非常にスリム。くさび形のデザインを採用しているため、手に持つと数値以上に薄く感じる

 従来は天面側のみにカーボン素材を使って剛性を高めていたが、新モデルでは底面にもカーボン素材を採用して、より堅牢なボディに進化している。これにより、極薄軽量ボディでありながら持ち運び時の安心感は大きくアップした。これまで以上に外に持ち出す頻度が増えそうだ。

 ボディカラーは最上位モデルのPM950/SALはネイビーブルーのみ。ミドルモデルのPM750/SAシリーズとエントリーモデルのPM550/SAシリーズは、それに加えてクラシックボルドーとフレアゴールドの3色が用意されている。

 今回試したのはクラシックボルドーだったが、光の当たり具合によっては深いブラウンのようにも見える落ち着いたワインレッドで非常にエレガント。木製テーブルなどにもしっくり馴染むので、自宅やオフィスはもちろん、オシャレなカフェやコワーキングスペースなどでもマッチしそうだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
05月
06月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月