プライバシーフィルター内蔵でCPUもキーボードもACアダプターまで刷新です

NECが超軽量モバイルPC「LAVIE Pro Mobile」発表 = 「5Gモデム」内蔵の未来型リモートPCだ!!

みやのプロ(@E_Minazou) 編集 ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 NECパーソナルコンピュータは6月16日に軽量モバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」の新モデルを発表した。CPUが最新になったほか、キーボードも完全にリニューアル、プライバシーフィルターやLTE/5Gモデム内蔵など、テレワークを意識した新機能を多数投入している。

第10世代コアに
Optaneメモリー搭載SSD、Wi-Fi6も
 

 LAVIE Pro Mobileは、2012年に世界初のマグネシウム・リチウム合金を採用して発表となった「LaVie Z」に始まり、2015年の後継機「Hybrid ZERO」へと続く13型モバイルノートの最新モデルで、常に世界最軽量を更新してきたNECのフラッグシップPCである。

 2019年5月にデザインを一新してLAVIE Pro Mobileとなり、今回、CPUを最新世代にアップデートするとともに、バッテリー駆動時間の向上、プライバシーフィルターの搭載、さらにキーボード、タッチパッドの形状変更など、フルモデルチェンジといってもいい更新が施されている。

 CPUは前モデルのコアi7-8565U/i5-8265Uから、最新の第10世代コアのi7-10510U/i5-10210Uとなった。

 i7で第8と第10世代を比べると、4コア8スレッドは変わらず、動作周波数は1.80GHz~4.6GHzから1.80GHz~4.9GHzへとターボ・ブースト時の最高周波数が向上し、コンフィグラブルTDP-up周波数も2.0GHzから2.3GHzへと上がっているほか、利用できるメモリーにDDR4-2666、LPDDR4-2933が増え、最大帯域が37.5GB/sから、45.8GB/sへと向上している。

新色のネイビーブルー

 カタログモデルのメインメモリーは従来の最高8GBから16GBへと向上したが、ストレージは256/512GBと変わらない。直販モデルでは1TBに加え、OptaneメモリーH10付きの512/1TBも選択できるようになった。

 無線LANは最新のWi-Fi6(11ax)対応となり、構造的には底板が前モデルのマグネシウムリチウム合金から、天板と同様に、カーボンファイバーになった。キーボード手前にはLEDが搭載され、バッテリーの充電状態を知らせたり、コルタナとの連動で光る。

 ボディーカラーはメテオグレー、クラシックボルドー、フレアゴールドの3色にネイビーブルーが加わり、メテオグレーはダイレクトモデル専用となった。

 新色のネイビーブルーは、これまでの3色とは塗装方法が異なり、ソフトな感触で、今後のシンボルカラーとなる。

クラシックボルドー

 カタログモデルは3種類で、最上位のPM950は「コアi7+16GB+512GB」でネイビーブルーのみの設定。下位のPM750は「i7+8GB+512GB」、PM550は「i5+8GB+256GB」で、ともに3色を選べる。

フレアゴールド

プライバシーフィルター内蔵液晶
認証は指紋から顔に変更
バッテリーで24時間稼働も

 ディスプレイはIPS液晶のノングレア、フルHD(1920×1080ドット)と変わらないが、最上位モデルのPM950には「プライバシーフィルター」が内蔵となった。通常は視野角が左右80度あるが、フィルターがONになると視野角が45度まで狭くなり、のぞき込んでも画面は黒くしか見えなくなる。ただし、正面からも輝度が50%固定となる。

 「プライバシーガード」機能は、使用者以外の視線を感知すると、PM950 ではプライバシーフィルタが自動でONになり、PM750・550では画面ぼかしが起動する。

 さらに、背後で「のぞき見」があると画面上部に警告を表示する「プライバシーアラート」や、使用者がPCの前からいなくなると画面ロックやディスプレイOFFを自動でおこなう「スマートロック」も搭載する。

プライバシーアラート

スマートロック

 これらの機能は内蔵するカメラと、Mirametrix社の「Glance」というソフトウエアによって実現されており、「視線操作機能( スマートポインター/ スナップウィンドウ)」機能も搭載する。

 これは、サブディスプレイ接続時に、使用者の視線に合わせて、マウスカーソルやウィンドウを自動的に移動してくれる機能だ。モダンスタンバイとWindows Hello対応の顔認証も新たに搭載し、指紋認証センサーはなくなった。

サブディスプレイ接続時は視線操作もできる

キーボード幅を拡張しパッドも面積拡大
マイクも変更し遠隔会議能力も向上
 

 キーボードは全体の横幅が18ミリ拡張され、キー間隔は前モデルの18.45ミリから19.05ミリへ広がり、キーストロークも1.2ミリから1.5ミリと深くなった。また、キートップの中央がくぼんだシリンドリカル形状となり、印字もアルファベットが10%大きく、かな文字が20%小さくなっている。

 タッチパッドは幅が9.6ミリ広がり、面積で10%広がり、静音・高精度になっている。

 インターフェイスは変わらず、右側面にHDMI、USB3.1タイプA、オーディオジャックが、右側面にセキュリティロック、USB3.0タイプC (DisplayPort Alt Mode、USBPD3.0、DC入力)、USB3.1タイプC、マイクロSDスロットが並ぶ。

 スピーカーは従来同様2W+2WでヤマハのAudioEngine搭載で、多人数での会議か、一人での遠隔会議かを切り替えることができる。

 マイクは、前モデルでは液晶上部に正面向きに設置されていたものが、上方向に変わり、新機能として、エアコンの音や雑音を抑える「ノイズサプレッサ」、部屋の残響を抑える「ルームエコー抑制」機能を搭載しFn+F5で簡単に切り替えできる。

ノイズサプレッサで騒がしさ除去

キーボード拡張のため厚みがUP
バッテリー容量は変わらないが稼働時間は4時間延長
直販モデルでは「5Gモデム」内蔵可能に

 本体サイズと重量はPM950がW307.2×D216×H16.9ミリ、955グラムで、下位2モデルは厚みが16.7ミリ、889グラムと薄くて軽い。

 前モデルでは307.8×215.7×15.5ミリだったので、幅と奥行きはほぼ同じだが、厚みは1.2~1.4ミリ厚くなっている。重量は873グラムから16~82グラム増加している。

 バッテリー容量は変わらず、カタログモデルでは49Whの大容量バッテリーを搭載し、直販モデルでは33Whの標準バッテリーを選択でき、重量は最小で842グラムとなる。

 消費電力はプライバシーフィルター搭載モデルが6W、非搭載モデルが4.9Wで、JEITA2.0によるバッテリー駆動時間はPM950は20時間で前モデルと同じだが、下位2つのモデルは24時間と4時間延長している。主にディスプレイユニット(液晶パネルとバックライト)の省エネ化によるものということだ。

 付属のACアダプターも新しくなり、従来の45Wから65Wへと出力が上がり、充電時間は短縮されている。容量が上がったにも拘わらず、内部パーツの更新により、サイズは111ccから103ccと小型化し、重さも203から210グラムとほぼ変わらない。

 ダイレクトモデルでは、上述のとおり、従来からのボディカラー、メテオグレーが選択できるほか、Optaneメモリー内蔵ストレージ、標準バッテリー、Officeの有無が選べるほか、LTEの内蔵を指定することができ、10月以降となるが「5Gモデム内蔵モデル」も用意されるという。

 市場想定価格は、PM950が25万8280円、PM750が23万0780円、550が20万8780円で6月18日から順次発売予定。

LAVIE Tab Eもリニューアル
狭額縁&小型軽量に
 

 NECの小型タブレットシリーズは1月にリニューアルしたが、今回、10型スタンダードモデルのTE410/Jが新しくTE510/Kとなった。

 CPUはSnapdragon450からMediaTeK P22Tとなり、クロックが1.8GHzから2.3GHzへと向上。OSがAndroid9.0になり、ストレージは16から32GBにUP.液晶は10.1インチから10.3インチに大型化したが、ボディの体積は6%減少し244.2×153.3×8.2ミリに、重量は20g減の460gになった。

 市場想定価格は3万2780円で6月18日発売の予定。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月