前へ 1 2 3 4 次へ

第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場

超軽量なのに丸1日バッテリーが持つ!NECパーソナルコンピュータ<LAVIE Pro Mobile PM550/SA>シリーズをレビュー

山口優/編集 村野晃一(ASCII編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軽量・薄型ノートとしては驚異的なバッテリ駆動時間

 <LAVIE Pro Mobile>は、従来からバッテリ駆動時間が最大約20時間と長かったが、新モデルではそれがさらに伸びて最大約24時間となっている(PM750/SAシリーズ、PM550/SAシリーズの場合。PM950/SALは最大約20時間)。1kgを切る超軽量ノートパソコンでこのバッテリライフは驚異的だ。

 そこで、バッテリベンチマークソフト「BBench」を使って実際にどのくらい持つのかを計測してみた。今回は電源モードを「より良いバッテリ」、画面の明るさは「50%」にし、「BBench」は「60秒間隔でのWeb巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」にチェックを入れて満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている(条件によって駆動時間は大きく変わる可能性があるので、ひとつの参考として見てほしい)。

 その結果、9時間45分の駆動が可能だった。これだけ持てば、カフェやコワーキングスペースで作業する際も、電源付きの席を確保したり、コンセントを探したりする必要を感じない。1~2泊程度の出張や旅行なら、ACアダプタを持たずに出かけても電池残量が気になることはあまりないだろう。

写真奥が旧モデル、手前が新モデルのACアダプタ。新しいACアダプタは65Wだが薄型軽量で、厚みは約22.5mm、重量は約210gしかない

性能も使い勝手も向上して完成度が高まったモバイルノートPC

 単に性能が向上しただけでなく、使い勝手に関する部分も細かい改良が加えられ、完成度が高まった<LAVIE Pro Mobile>。ラインアップも充実し、他者の視線を検知して自動で視野角を狭くするプライバシーフィルター機能付き液晶を搭載したモデルも用意されている。

 テレワークをきっかけに自宅や出先でも使いやすいノートパソコンを探している人や、洗練されたデザインのノートを探している人、場所を問わず使える高性能なノートPCを探している人には、ぜひ注目してほしい製品だ。

(提供:NECパーソナルコンピュータ)

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月