このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第563回

Ampere採用GPU「A100」発表、Titan Aが発売される可能性も NVIDIA GPUロードマップ

2020年05月18日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AIプロセッサーの昨今はちょっとだけお休みいただいて、5月14日に行なわれたGTC 2020の基調講演の内容を解説したい。言うまでもなくAmpereアーキテクチャーである。

AmpereアーキテクチャーのGPU「A100」

 今年のGTC(GPU Technology Conference)はオンラインでの開催となり、Jensen Huang CEOによる基調講演は8分割されてYouTubeにアップロードされている。いわゆるライブではなく、あらかじめ撮影したものを一挙公開の形で筆者も最初戸惑った。

 ちなみに基調講演の模様はYouTubeのNVIDIAチャネルで視聴可能なほか、GTCのサイトでも参照できる。

 さてその基調講演ではさまざまな話題が取り上げられたが、今回はAmpereを中心に説明しよう。つまり連載535回で予想した内容の答え合わせである。

 さてそのAmpereであるが、予想通りデータセンター向けの製品であり、コンシューマー市場に下ろすことはまったく考えていない、ある意味振り切ったものだった。まずはスペックから見ていこう。

Voltaに酷似するがGPCの数などが違う
NVIDIA A100 Tensor Core GPU

 Ampereアーキテクチャーを搭載するNVIDIA A100 Tensor Core GPUは、2種類のパッケージで提供される。1つ目が新しいSXM4モジュールに搭載されるものだ。

SXM4モジュールに搭載されるNVIDIA A100 Tensor Core GPU。A100を囲むように配置されている4つの金色のモジュールは後述する

 実際にはこのA100の上には巨大なヒートシンクが装着されて収まる形になるので、これを直接目にすることはないと思う。

DGX A100を紹介するムービーより。この後ヒートパイプにフィンが付き、次いでカバーがかぶさる

 さてそのA100であるが、まず大まかにスペックを並べると以下の通りとなる。

  • ダイサイズ 826mm2。TSMCのN7プロセスで製造。トランジスタ数は542億個
  • メモリー:1.6Gbps HBM2×6(実際は×5)。8GBスタックを利用し、最大容量48GB(実際は40GB)
  • 内部は8GPC(GPU processing cluster)構成(ただし実際は7GPC)。1つのGPCには7~8個のTPC(Texrure Processing Cluster)を搭載し、TPCあたり2つのSM(Shader Module)を搭載する。したがってシステム全体では128SM構成で、このうち108SMが利用可能。

GPCの数やメモリーコントローラーの数は違うが、このレベルで言えばVoltaと非常に似たレイアウトである

  • SMの内部構造は、一見するとVoltaのそれと大きな違いはない。ただしTensor Coreの数は、VoltaはSMあたり8つだったのが、Ampereでは4つに減っている。SMあたりのINT32/FP32/FP64コアの数はいずれも64で、これはVoltaと変わりがない。

SMの内部構造はVoltaと大きな違いはない。もっともTensor Coreそのものの性能は大幅に上がっているので、単純に数で比較してもあまり意味はない

  • コアの動作周波数は最大(Boost)で1410MHzと、VoltaベースのGV100(1530MHz)やPascalベースのGP100(1480MHz)よりもやや控えめ
  • ただし性能は圧倒しており、整数/浮動小数点演算性能では、以下の数字が示されている。
整数/浮動小数点演算性能
  GP100 GV100 GA100
INT32(TOPS)   15.7 19.5
FP16(TFlops) 21.2 31.4 78.0
BP16(TFlops) N/A N/A 39.0
FP32(TFlops) 10.6 15.7 19.5
FP64(TFlops) 5.3 7.8 9.7
NVIDIA A100 Tensor Core GPUの演算性能
FP16 312/624TFlops
FP16 w/FP32 312/624TFlops
BF16 w/FP32 312/624TFlops
TF32 156/312TFlops
FP16 19.5TFlops
INT8 624/1248TOPS
INT4 128/2496TOPS
  • モジュール全体の消費電力(TDP)は400W

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン