このページの本文へ

VAIO、テレワーク需要に対応するため前年比2倍のノートPC生産体制を構築

2020年05月19日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは5月19日、テレワークの需要拡大に対応するため、前年比で最大2倍のノートパソコンを生産できる体制を構築したと発表。

 VAIOでは生産体制強化の決定に先立ち、4月15日~5月7日の期間、企業のテレワーク導入ニーズについて調査を実施。その結果、約9割の企業がテレワークを実施、あるいは実施検討する一方で、全社導入済みは約3割にすぎないことが判明したという。

 また、4月以降ユーザーからの問い合わせも増加しており、テレワークを導入したくても実現するためのインフラ(ノートパソコン、PCセキュリティ確保)の整備が追い付かないという実態があると推測できることから、今回の生産体制強化をはじめとする、テレワーク需要拡大への取り組みを決定したとのこと。

 今回の取り組みでは、5月~6月にかけて、生産パートナー各社の協力のもと、VAIO安曇野本社工場の前年比で最大2倍のノートパソコンを生産できる体制を構築したという。また、法人向け直販サイト「VAIO ストアビジネス」において4月中旬から、LTEモジュール搭載でオンライン会議がどこでも可能とうたうノートPCを最短3営業日で届ける取り組みを開始したほか、4月下旬からは「TRUST DELETE Biz for VAIO PC」のフル機能をVAIOユーザー向けに期間限定で無償提供するキャンペーンも開始している。

 VAIOは、今回の生産体制強化にとどまらず、テレワークの導入・実現を必要とする企業およびビジネスパーソンが生産性の低下やセキュリティー対策などを心配することなく、迅速にインフラ整備を進めるためのサポートを引き続き強化していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ