このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第93回

iPhone SEにiPhone 11 Pro Maxから「戻る」のは難しい

2020年04月24日 16時00分更新

文● 松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
https://ascii.jp/img/2020/04/24/3037231/original/ee7aa9b593c99af6.jpg

iPhone SE(2020)

 iPhone SE第2世代のレビューです。

 筆者は2018年モデルから6.5インチ有機ELディスプレーを備える「Max」モデルを使っており、現在はiPhone 11 Pro Maxがメインのスマートフォンです。

 そもそも、5.8インチのiPhone Xが登場した段階で、手の小さな筆者は片手でのiPhone利用を諦めており、だったら大画面、という選択をしてきました。一気に78g軽くなる4.7インチiPhone SEで7日間過ごした経験について、共有したいと思います。

 サイズと軽さについて一番大きな変化は、ポケットの中に入れたとき。ケースを含めて長さ2cm、幅1cm小さくなると、お尻ではなく前のポケットに入れても突っ張らずにおさまります。

 おそらく軽さも地味に手首の疲労度軽減につながると思いますが、何しろ目下、巣ごもり中で外出する機会がないので、そもそもスマートフォンで過ごす時間は激減し、1日のスマホ上のスクリーンタイムも半減しています。これじゃ手首の負担まではわかりませんね。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン