• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

本日4月21日よりリリース開始

『プロジェクトEGG』で名作STG『空牙(メガドライブ版)』が復活

2020年04月21日 13時30分更新

文● ASCII

 レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっているD4エンタープライズは4月21日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にて、『ウルフファング』『スカルファング』の原点とも言える名作『空牙(メガドライブ版)』のリリースを開始した。価格はキャンペーン価格で550円となる(キャンペーン後は880円)。また、YouTube内の公式チャンネル『EGGチャンネル』にて、紹介動画も公開した。

以下、リリースを引用

3タイプの試作戦闘機を駆り、謎の軍事組織に立ち向かえ!

 謎の軍事組織「ラグナロック」。他を寄せつけないその圧倒的な力の前に、世界中の軍事拠点が一夜のうちに陥落してしまった。これに脅威を感じた東西両陣営は、戦術核の投入を決定する。がその矢先、ラグナロックは「降伏の表明が10日以内に宣言されぬ時は、巡航ミサイルによる全面核戦争あるのみ」というメッセージを各国首脳あてに打電。国連のもと東西両陣営はかたく手を握り3機の試作戦闘機が発進する。

 本作は1991年にリリースされたシューティングゲーム(オリジナルはアーケード版で1989年リリース)。プレイヤーは、バランス型の「XF/AV-01 SILPH(シルフ)」、攻撃型の「XAV-02 VALKYRIE(ヴァルキュリア)」、機動型の「XFV-03 SEYLEN(セイレーン)」から一つを選んで出撃します。

 ゲームは縦スクロールのシューティングゲームで、ショットや一定時間無敵となるバレルロール(ゲージをためることで使用可能)を駆使しながら全6面を戦い抜くことになります。

 機体はライフ制(EASYでは3、HARDでは2)を採用。また要所で登場するアイテムを獲得することで、攻撃力を強化したり、スピードを強化したり、武器(バルカン、ボンバー、ディフェンダー、ミサイル)を換装したり、ライフを回復したりできます。またSユニットとよばれるパーツを装着することで、特殊攻撃が可能になるなどのシチュエーションもあります。

 対地対空兼用のショットで遊びやすく、ライフ制&残機制の自機で継続的なプレイも楽しめ、ゲージをためることで使える無敵技で誰もがピンチを回避、ステージ最後には手に汗握るボスとの激しい戦い、そして二人同時プレイで面白さも倍増! さらに、細かいところでは発進する大型飛行機の下から戦車が登場して攻撃してくるなどのギミックも満載……といった具合に、シューティングゲームの面白さをしっかりと凝縮した本作。王道的なシューティングゲームを楽しみたい人にオススメしたい作品です。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:『空牙(メガドライブ版)』
ジャンル:シューティング
メーカー:パオン・ディーピー
プラットフォーム:Windows
配信日:配信中
価格:550円
(※キャンペーン終了後は880円での配信となります。)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう