このページの本文へ

2020年夏発売予定

バッファロー、「GIGAスクール構想」準拠の無線LANアクセスポイント発売へ

2020年03月03日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッファロー、「GIGAスクール構想」に対応する無線LANアクセスポイントを発表

 バッファローは3月2日、文部科学省の「GIGAスクール構想」に対応する学校向け無線LANアクセスポイント「WAPM-2133R」を発表した。発売時期は2020年夏としている。

 GIGAスクール構想とは、文部科学省による教育改革のひとつで、児童生徒向けの1人1台学習用端末と、高速大容量の通信ネットワークを教育機関に整備する構想。

 本製品は、文部科学省が2月26日に公表した標準仕様書に記載されている「2.4GHz帯2×2MIMO、2ストリーム、5GHz帯4×4MIMO、4ストリーム」などすべてのハードウェア仕様を満たすことに加えて、円滑なタブレット活用授業実施に必要となる「公平通信制御機能」や「DFS障害回避機能」など、学校現場で必要と考えられるバッファロー独自の機能を搭載する予定だという。

 主な仕様は以下の通り。

  • IEEE 802.11ac/n/a/g/b準拠
  • 2.4GHz帯2×2MIMO、2ストリーム、5GHz帯4×4MIMO、4ストリーム
  • 無線端末最大接続台数 256台
  • DFS障害回避機能搭載
  • 公平通信制御機能搭載
  • ネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」「WLS-ADT/LW」で管理可能
  • IEEE 802.1X準拠
  • SNMPv1/v2c/v3による管理機能
  • 天井、壁、卓上に設置が可能

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン