このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! 第51回

【今月の自作PCレシピ】最高峰のスペックで高精細なWQHDゲーミング環境を構築

2020年03月14日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

WQHDゲーミングや144Hzキャプチャーを満喫

 ゲーミングPCの自作相談を受けた際に、まずショップスタッフが確認するのが、144Hz駆動のフルHD解像度などといった組み合わせる液晶ディスプレーだ。

 低価格化が進むリフレッシュレート144Hz、フルHD解像度のゲーミング液晶ディスプレイーでのプレイも魅力だが、昨年初頭にGIGABYTEから発売され人気となった「AORUS AD27QD」などの解像度2560×1440ドット(WQHD)対応ゲーミング液晶ディスプレーを組み合わせたゲーミング環境が気になる人も多いだろう。

銀座線末広町駅方面にあるパソコンショップ アーク。ゲーム好きのスタッフが多く、ゲーミングデバイスの取り扱いも豊富だ

 2560×1440ドット、リフレッシュレート144Hz駆動、G-SYNC Compatible認定でIPSパネルを採用する27型液晶は、5~6万円台と高価だが、シングルGPUで高精細な描画で快適にゲームを楽しめるとあって人気だ。

 最近ではASUSから、5万円台前半の手ごろな価格ながら、2560×1440ドット、リフレッシュレート最大165Hz、G-SYNC Compatible認定、IPSパネル採用というスペックとなる「TUF Gaming VG27AQ」が登場しており、人気になっている。

同店店長の渋谷さん。「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」をメインにプレイ中だ

 店長をはじめ、スタッフの多くがゲーマーのパソコンショップ アークにもWQHDゲーミングの波が来ており、ゲーミングPCの店頭デモでは、同店スタッフが2560×1440ドット、最大144fpsで録画したプレイ動画を流している。

 今回は、実際にWQHD解像度、144Hz駆動でのゲーミングや録画を楽しんでいるパソコンショップ アーク店長の渋谷さんや、スタッフの寺崎さんがおすすめするWQHD解像度の快適ゲーミングを紹介していこう。

スタッフのプレイ動画をWQHDゲーミング液晶「AORUS AD27QD」などで再生中だ

約49万円の最高峰ゲーミングPCの完成!

 実際にWQHD解像度、リフレッシュレート144Hz駆動対応の液晶ディスプレーでゲームを楽しんでいる渋谷さんと、寺崎さんに、妥協せずにパーツを選んでもらった構成がコレだ。

 ビデオカード最高峰となるNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiをはじめ、12コア/24スレッドCPUのRyzen 9 3900Xや、32GB×2 64GBメインメモリー、そして1TB NVMe SSD+2TB SATA SSD+8TB HDDなど、オーバースペック気味の感もあるが、これから長くWQHDゲーミングと144fpsで録画(「Bandicam」など有料アプリが必要)したプレイ動画の保存、編集を楽しむためのパーツ構成という。

パソコンショップ アーク渋谷さんと寺崎さんおすすめの最高峰ゲーミングスペック構成

パソコンショップ アーク渋谷さんと寺崎さんおすすめの最高峰ゲーミングスペック構成
CPU AMD「Ryzen 9 3900X」
(12コア/24スレッド、3.8~4.6GHz)
5万9800円
CPUクーラー NZXT「KRAKEN X73」
(360mmラジエーター)
2万5000円
マザーボード ASUS「ROG STRIX X570-E GAMING」
(Socket AM4、X570、ATX)
3万6891円
メモリー Corsair「CMW64GX4M2E3200C16」
(DDR4-3200、32GB×2枚)
3万7255円
システムSSD Samsung「MZ-V7S1T0B/IT」
(970 EVO Plus 1TB、NVMe)
2万5446円
データSSD Samsung「MZ-76Q2T0B/IT」
(860 QVO 2TB、SATA3)
2万7760円
HDD Seagate「ST8000VN004」
(IronWolf 8TB、SATA3)
2万2546円
ビデオカード ASUS「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」
(GeForce RTX 2080 Ti、GDDR6 11GB)
16万1637円
PCケース Cooler Master「MasterBox CM694 TG」
(ミドルタワー、ATX)
1万4500円
電源ユニット Seasonic「SSR-850FX」
(80PLUS GOLD 850W、ATX)
1万9000円
OS Microsoft「Windows 10 Home パッケージ版」 1万5437円
小計(税抜)   44万5272円
消費税(10%)   4万4527円
総額(税込)   48万9799円

※価格は3月7日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中