このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! 第48回

【今月の自作PCレシピ】予算やスタイルに合わせてVGAを選べる高コスパゲーミングPC

2019年12月30日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

令和2年は最新PCでゲームを満喫

 年末特価からコミケ、福袋&初売り特価、神田明神への初詣と、1月第2週ごろまで人でごった返す秋葉原。同様に混雑するPCパーツショップのなかで、PCパーツ一式をスタッフに相談しながら購入するのは気後れしてしまうし、見積もり相談の順番を待つのにも疲れてしまう。

 そんな年末年始にもサクッとPCパーツ一式を購入できるように、コストと性能のバランスに重きをおいたコストパフォーマンス優秀な構成を紹介しよう。

 令和元年の最後を飾るにふさわしいPC自作構成を考えてもらったのは、コストパフォーマンスを語りはじめると非常に長くなるが、その内容に納得(洗脳とも言う?)間違いなしのTSUKUMO eX. 6階スタッフの紅谷さんだ。

 お得なセット購入値引きキャンペーンや、再入荷待ちの製品も含まれているが、令和2年も安心しておすすめでき、将来のアップグレードもオッケーなパーツ構成になっている。

中央通りのTSUKUMO eX.。UDX駐車場から近いので、液晶ディスプレーなども含めたPC関連一式購入の際も便利

現状、マイニングは暖房費代と割り切って実行しているという紅谷(べにや)さん。お得な情報に超敏感な2児のパパさんだ

ビデオカードは予算やプレイスタイルで選ぶ

 紅谷さん提案の高コスパゲーミングPCは、予算やプレイするゲーム、ゲームスタイルに合わせてビデオカードを選べるようになっているのがポイントになる。

 たとえばフォートナイトをフルHD液晶ディスプレーで60fpsを目指すなら、前世代GPUになるが処分特価で1万円台半ば~2万円前後で出回っているRadeon RX 570やRX 580を搭載したビデオカードと組み合わせるなど、自分にベストなゲーミングPCを構築できる。

 もちろん、快適なゲーミングや、プレイの録画、実況配信などを支えるCPUやマザーボード、メモリー、SSDといったメインパーツにもこだわり一杯で、手ごろな価格で、パフォーマンスや耐久性、将来性を加味して選ばれている。

紅谷さんが選んだPCパーツ構成

年末年始に組みたい高コスパゲーミングPC(ビデオカード以外)
CPU AMD「Ryzen 5 3600X」
(6コア/12スレッド、3.8~4.4GHz)
2万9800円
マザーボード ASUS「TUF B450-PRO GAMING」
(Socket AM4、B450、ATX)
1万480円
メモリー CFD「Gaming Sports W4U3200BMS-16G」
(DDR4-3200、16GB×2枚)
1万6980円
SSD ADATA「ASX8200PNP-512GT-C」
(XPG SX8200 Pro 512GB、NVMe)
7780円
PCケース Fractal Design「Define C」
(ミドルタワー、ATX)
8980円
電源ユニット SilverStone「SST-ST75F-GS V3」
(80PLUS GOLD 750W、ATX)
8980円
ファン Noctua「NF-P12 redux-1700 PWM」
(120mm、PWM)
1790円
OS Microsoft「Windows 10 Home パッケージ版」 1万7600円
小計(税抜)   10万2390円
消費税(10%)   1万239円
総額(税込)   11万2629円

※ビデオカードがないと動作しません。下記ビデオカードのうち1つを別途ご購入ください。

予算やスタイルに合わせて選ぶビデオカード
松コース SAPPHIRE「PULSE RADEON RX 570 8G GDDR5」
(Radeon RX 570、GDDR5 8GB)
1万4800円
竹コース 玄人志向「GG-RTX2060-E6GB/DF」
(GeForce RTX 2060、GDDR6 6GB)
3万4800円
梅コース 玄人志向「GG-RTX2070SP-E8GB/DF」
(GeForce RTX 2070 SUPER、GDDR6 8GB)
5万5264円

※価格は12月26日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

※お詫びと訂正:表内のスペックの一部に誤りがありました。記事を訂正してお詫びします。(2020年1月3日)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中