このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第80回

EUでモバイル機器の充電端子が共通化へ:

来年のiPhoneがワイヤレス充電だけになりそうなワケ

2020年02月13日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EUは1月30日、全てのモバイル機器の充電端子を共通化する規制案を可決しました。賛成582:反対40。ガイドラインは2020年7月までに策定される見込みです。そして、おそらくはUSB-Cポートが採用されることになる、と考えてよさそうです。

●アップルは反対してきた

 アップルは1月24日、声明でこの規制案に対して反対を唱えてきました。その理由は、技術革新を抑制し、大量の電子機器廃棄物を作り出すことだとしています。

 アップルはこれまで、独自規格も含めて、より良いポートを素早く採用するメーカーとして知られてきました。そのドラスティックな移行はしばしばユーザーに戸惑いを与えてきましたが、現在のiPadラインアップのように、中途半端にLightningとUSB-Cの2つの規格を残しているよりは、Macのように一気に移行した方がユーザーの将来的なメリットと、サードパーティのアクセサリメーカーにとって有益だといえます。加えて、一時的ですが、アップル純正しか存在しない充電器などのアクセサリの収益も見込めるのですが。

 コネクタの規格統一は、より良い技術が出てきた際、規制によってその技術の採用が制限される可能性が高いと考えられます。加えて、アップル製品のようにデバイスの形状と端子の位置関係に合わせたアクセサリが作られている場合、規格統一はこれらのアクセサリを使用不能にしてしまうことから、むしろ大量のゴミを発生させ、環境に悪いと言う主張です。

 しかし、そのアップルの主張は通らず、結果として賛成多数で端子規格統一の規制は実施されることになりました。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン