このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第78回

iPhoneと連動するアップルのビジネス:

2020年が「iPhoneの年」になる理由

2020年01月29日 16時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 11シリーズが登場するまでの2019年を振り返ると、iPhoneにとっては厳しい時期でした。2019年1月にAppleは利益警告を出し、ガイダンスよりも低い売上高を投資家に伝えました。

 その後、iPad、Macといった既存製品のテコ入れ、そしてAirPods、Apple Watchの急成長によって、売上高としてiPhoneの穴を埋めて余りあるほどの成長ペースを取り戻しています。しかしながら、依然として主力製品であるiPhoneを放っておくわけにも行きません。

 そのため、2020年は「iPhoneの年」にしようという目論見が透けて見えてきます。

 ちなみに、2019年はiPadOSが登場し、iPad miniとiPad Airが久しぶりに刷新され、さらに廉価版のiPadがSmart Keyboardに対応するなど、iPadラインアップが完成した「iPadの年」だったと振り返ることができます。

 同時に、Macについても、Mac Proの登場や16インチMacBook Proへのリプレイスなど、活発なモデルチェンジが起き、iPadをサブディスプレー化するSidecar、iPadアプリをMacアプリとしてビルドできるようにするProject Catalystなど、macOS Catalinaへの新機能も活発でした。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン