このページの本文へ

XperiaからWALKMANまで! ソニー好きのソニー製品徹底レビュー 第47回

ハイエンドストリーミングウォークマン「NW-ZX507」で知る音楽専用機の重要性

2020年01月22日 10時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いまさら言うまでもなく、すべてのエンターテイメントがスマホに集中している現在。あえて音楽を聴くために「デジタルオーディオプレーヤー(DAP)」を購入する必要性はありません。とは言え、耳の劣化のカウントダウンが始まっている昭和世代の筆者は、比較的若いうちにできるだけいい音で音楽を楽しみたいんですね。というわけでハイエンドストリーミングウォークマン「NW-ZX507」を購入しました。

ソニー「NW-ZX507」実売価格7万2000円前後

 NW-ZX507最大の特徴は、Android OSを搭載していること。2011年にAndroid搭載ウォークマン「NW-Z1000シリーズ」が発売されているので、Androidを搭載したのはNW-ZX507が初というわけではないのですが、しばらく独自OS搭載ウォークマンのみがラインナップされてきました。つまりストリーミング音楽サービス全盛となってから、NW-ZX507と下位モデルの「NW-A100シリーズ」がひっさびさのAndroid搭載ウォークマンということになります。

NW-ZX507には「Android 9」が搭載されています

 Android OSを搭載したことの最大のメリットは、多くのストリーミングサービスを利用できること。通常の音源をハイレゾクラスの音質にアップスケーリングすると謳う「DSEE HX」が搭載されているので、端末に保存したハイレゾ音楽だけでなく、ストリーミングサービスの音楽も高音質で楽しめます。

たとえばYouTubeでミュージックビデオを観ていても、音楽はハイレゾクラスにアップスケーリングされます

 残念なのが、NW-ZX507は「W.ミュージックアプリ」以外でハイレゾ音源がダウンコンバート再生されてしまうこと。たとえば、ハイレゾ音楽を配信している「Amazon Music HD」では強制的に48KHz /16bitにダウンコンバートされてしまうんですね。早急にアップデートで改善してほしいところです。

NW-ZX507は「W.ミュージックアプリ」以外で、192KHz/24bitの音源も48KHz/16bitにダウンコンバートされてしまいます(※Amazon Music上での表示は48KHz/24bit)

 とは言っても、192KHz/24bitで配信されている音源はごく一部なようで、筆者が確認したかぎりでは96KHz/24bitで公開されている曲が多いようです。というわけでNW-ZX507が「W.ミュージックアプリ」以外でもハイレゾ音源をそのまま再生できる仕様にアップグレードされることを、ゆっくり待ちたいと思っています。ソニーさん、期待していますよ!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン