このページの本文へ

XperiaからWALKMANまで! ソニー好きのソニー製品徹底レビュー 第67回

大画面化やSuica対応、進化したソニーのスマートウォッチ「wena 3」をレビュー

2020年12月21日 12時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーはバックル型の新型スマートウォッチ「wena 3」を10月1日に発表、11月27日に発売しました。本体色やベルトの素材の異なる5モデルが用意されています。

ソニー「wena 3」2万4000円~

「wena 3」のラインナップ

  • 「wena 3 metal Silver」3万3000円
  • 「wena 3 metal Premium Black」3万5000円
  • 「wena 3 leather Premium Black」3万2000円
  • 「wena 3 leather Brown」3万円
  • 「wena 3 rubber Black」2万4000円

※価格はすべてソニーのFirst Flightの販売価格

 以前から本シリーズは気になっていたのですが、とある理由から購入を見送っていたんですね。と言うわけで今回はwena 3の進化点にスポットを当ててレビューいたします。

 一目瞭然の進化点は大画面の有機ELディスプレー。ここには最大で11文字×4行を表示可能で、メールの通知などでより多くの情報を表示できるようになりました。コントラスト比の高い有機ELディスプレーは、屋外での視認性も良好です。

ディスプレー表面が光沢なので照明などが映り込みやすいのが玉にきず。気になる方は反射防止液晶保護フィルムを購入しましょう

 wena 3のバンド幅はディスプレー部が20mm、ラグ幅が22mm、重量が80g。バックル部の厚みは最薄部6.9mm(最厚部実測10.6mm前後)。通常時の装着感は一般的な腕時計と変わりませんが、キーボードをタイピングするときには厚みが気になるかもしれません。

心拍センサーが少し出っ張っており、最厚部は実測10.6mm前後ありました

 機能的にも大幅な強化が図られており、楽天Edy、iD、QUICPayなどの電子マネーに加えて、交通系ICカードのSuicaに対応。また音声アシスタントの「Alexa」に対応し、音声は再生されないものの、テキスト情報で天気、スケジュールの確認、スマートホームのコントロール機能などを利用できます。Alexaは新機能がどんどん追加されており、wena 3のAlexaも今後活用範囲がさらに広がっていくはずです。

たとえば「●●の株価を教えて」で最新の株価情報を確認可能です

 活動ログ機能も充実。歩数、心拍数、消費カロリーに加えて、VO2 Max(最大酸素摂取量)、4段階の眠りの深さ、ストレスレベル、Body Energy(エネルギー残量)などを計測できるようになりました。

スマホアプリでは、通知、歩数、心拍数、睡眠、VO2 Max、Stress & Recovery、Body Energyを個別にチェック可能です

 このほかにも、スマートロック「Qrio Lock」、紛失防止機能「MAMORIO Inside」に対応するなど大幅な進化を遂げたwena 3。手巻きのアナログ時計もスマートウォッチ化するガジェットとして、まさに完成形となったと言えます。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ