「FreeSync Premium Pro」搭載

GIGABYTE、165Hz駆動の31.5型曲面ディスプレー「G32QC」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

32型ゲーミングディスプレー「G32QC」

 日本ギガバイトは5月18日、31.5型ゲーミングディスプレー「G32QC」について、日本での取り扱いを開始すると発表。価格は4万7850円で、国内正規代理店を通じ5月22日より発売する。

QHD(2560×1440ドット、比率16:9)の曲面ディスプレー

背面

側面

 G32QCは31.5型、QHD(2560×1440ドット、比率16:9)の曲面ディスプレー。GIGABYTEとして大画面市場に投入する、初めての製品となる。1500Rの湾曲VAパネルを採用しており、人間の視野(1000R)により近い曲率により、没入感に優れるとする。

 1ms(MPRT)の応答時間、165Hzのリフレッシュレートというゲームプレー向けの性能に加えて、DCI-P3を94%、sRGBを124%カバーする色域とネイティブ8ビットカラー、さらにVESA認定のDisplayHDR 400規格に合格する性能を備え、映画や動画配信などもリッチに視聴できるという。さらに、AMD FreeSync Premium Proテクノロジーをサポートしており、ティアリングやちらつき、レイテンシーを軽減する。インターフェースはHDMI 2.0×2、Display Port 1.2、USB 3.0×2、イヤホンジャックを備える。エルゴノミクスデザインのスタンドを採用し、高さ130mm、チルト-5~+21度の調節が可能。

 機能面では、GIGABYTEプレミアムゲーミングブランド、AORUSで培ってきた戦術的ゲーミング機能を備える。

 画像の暗い部分を明るくして暗い部分の視認性を高める「ブラックイコライザー」、FPSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを軽減する「エイムスタビライザー」、照準線、カウンター、タイマー、マルチスクリーンをきれいに並べるためのアライメント機能などが含まれた「ゲームアシスト」、マウスDPIやGPU/CPU情報など、ハードウェア情報を直接画面に表示する「ダッシュボード」、ディスプレー調整ソフト「OSD Sidekic」などの機能を搭載する。

 また、ソフトウェア、ファームウェアを常に最新の状態に保つ新機能「GIGABYTE Auto-Update」を搭載。ファームウェア更新については、システム障害から保護する機能を搭載しているので、安全にディスプレーのパフォーマンスを常に最高の状態に保てるという。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月