前へ 1 2 3 次へ

急カーブをえがくGIGABYTEの湾曲液晶はゲームへの没入感がヤバイ

文●宮崎真一 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEというと、自作PCに明るい人ならマザーボードやビデオカードのメーカーというイメージがあるかもしれないが、ゲーミング向け液晶ディスプレーも手掛けている。

 9月6日には、湾曲パネルを採用したゲーミング向け27型液晶ディスプレー「AORUS CV27Q」(以下、CV27Q)と「AORUS CV27F」(以下、CV27F)の発売を開始。

27型液晶ディスプレー「AORUS CV27Q」(以下、CV27Q)と「AORUS CV27F」

 これらの製品を投入することで、ゲーミング向け市場においてAORUSブランドの拡充を図り、液晶ディスプレーでも同社の存在感を増す狙いがあるようだ。

 さて、このCV27QとCV27Fは対応解像度が異なるなどの違いはあるが、今回は上位モデルとなるCV27Qを中心に取り上げ、どのような液晶ディスプレーなのか詳しく見ていこう。

1500Rの湾曲パネルは没入感が高め

 やはり、CV27Qで最も特徴的なのは、曲率1500Rの湾曲パネルを採用している点だ。1500Rとは半径1500mmの円を描くカーブを表しているのだが、同種の競合製品では1800Rを採用しているモデルが多い。

 つまり、CV27Qではよりカーブが急になっているわけだが、GIGABYTEによると1500Rは人間の目の自然な曲線に似ているためゲームにおける没入感が高いという。

人間の視野角に近づけ、視界いっぱいに画面が広がるように設計されている

 実際、CV27Qで「Apex Legends」や「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」をフルスクリーンでプレイしてみると、迫力のあるゲーム画面を楽しめた。

 その一方で、ゲーム以外のウェブブラウジングやオフィスアプリケーションなどの用途では、パネルのカーブが急なため、中央部が若干凹んだような印象を受ける点は指摘しておきたい。

 なお、高さは最大で532㎜だが、130mmの高さ調節が可能。さらに、±20度のスイーベルや-5度~+21度までのチルト機能も用意されており、画面を自分に合わせてかなり簡単に微調節できる。

1500Rのカーブが付けられている液晶パネル。実際見てみると、結構ハッキリとわかるほどのカーブだ

 さて、その液晶パネルだが、VA方式の光沢のないノングレアタイプを採用。解像度は2560×1440ドットまで対応し、そしてリフレッシュレートは165Hzをサポートしている点は注目に値する。

 もちろん、PC側のパフォーマンスが高ければという条件付きにはなるが、ゲームにおいて秒間165フレームまで表示可能で、1フレームで試合の勝敗を分けるTPSやFPSなどで活躍できそうだ。

 また、応答速度は1ミリ秒(MPRT:動画のぼやけを測定する方式)と高速で、実際にゲームをプレイしていても、描画のもたつきを感じることはまったくなかった。

 さらに、AMDのディスプレー同期技術「FreeSync 2 HDR」をサポートしている点も見逃せない。CV27Qであれば、ティアリングやスタッタリングといったゲーム画面のチラつきを抑えることが可能で、かなり快適なプレイ環境を構築できる。

 さらに、NVIDIAのディスプレー同期技術「G-Sync Compatible」についても申請中としており、GPUのメーカーを問わずディスプレー同期技術が利用できる点はかなりありがたい。

GeForce RTX 2080 Ti搭載PCに接続してみると最新ドライバでG-Syncの項目が表示された。ただし、認証はまだ受けていないため「互換性があると検証されていません」と表記されている

 そして、FreeSync 2 HDRにより、FreeSync利用中であってもHDR品質の映像表現が可能となり、より自然色に近いゲーム画面を楽しめる。

 さらに、VESA認定のDisplay HDR 400規格にも合格しているため、ゲーム以外にも映画や動画などでもより品質の高い映像を享受可能だ。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月