• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2023February

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

同社公認プロゲーマーのDOLCE.さんと俳優の速水もこみちさんがゲストとして登場

賞金総額は2000万円! 国内初の音楽ゲーム×eスポーツ大会「BEMANI PRO LEAGUE」発足

2019年12月13日 23時20分更新

文● 市川 編集●ASCII

DOLCE.さん、速水もこみちさんが登壇!
BEMANIへの想いが存分に伝わるトークセッション

コナミ公認プロゲーマーのDOLCE.さん、俳優の速水もこみちさんによるトークセッションがスタート

 その後、コナミ公認プロゲーマーのDOLCE.さんと、BEMANIをやりこんでいたという俳優の速水もこみちさんが登壇し、トークセッションを実施。BEMANIにハマったきっかけや「beatmania IIDX」シリーズの最大の魅力、思い出のエピソードなどを語り、会場内はBEMANI愛に包まれた。その中でも、「beatmania IIDXを何時間もプレイしたら、晩飯が作れなくなるほど腕がパンパンになった」というもこみちさんのトークは、会場内の笑いを誘うこととなった。

 BEMANI PRO LEAGUE発足について、DOLCE.さんは「音楽ゲームをテーマにした本格的なeスポーツ大会は今回が初めてだと思います。もし10年前にやっていたら全力で頑張ってみたかったかなと(笑)。音楽ゲーム業界のさらなる発展につながるといいですね」と、興奮と喜びを交えて語った。

 もこみちさんは、「リーグ戦を開催することによって、プレイする側も観る側もどんどん増えていくとともに、BEMANIが再び盛り上がっていくのかなという期待を抱いています。本大会がきっかけで、BEMANIの魅力や楽しさが伝わっていくといいなと思っています」と、本大会への期待を述べた。

最新筐体である「beatmania IIDX LIGHTNING MODEL」をお披露目。12月16日から順次稼働予定とのこと

 トーク終了後、最新筐体である「beatmania IIDX LIGHTNING MODEL」をお披露目した。BEMANIシリーズ初となる120Hzモニターを搭載したほか、ゲーミングPC搭載により大幅に向上したスペック、プレイヤーニーズに合った重さの新ボタン(DOLCE.さん監修)、回転の重さをプレイヤーが設定できる新ターンテーブルが特長としている。12月16日から、順次稼働予定とのこと。

beatmania IIDX LIGHTNING MODELを試遊するもこみちさん

beatmania IIDX LIGHTNING MODELを試遊するDOLCE.さん

 今回発表されたbeatmania IIDX LIGHTNING MODELを、もこみちさんとDOLCE.さんが試遊することに。二人とも目を見張るほどの腕前を披露し、会場を沸かせた。

 最後に、DOLCE.さんは「今回のリーグを通じて公認のプロゲーマーとして盛り上げていきたいと思います」と、もこみちさんは「生で見る感動と興奮が来年のリーグ戦でもっと味わえるので楽しみですね。会場の皆様とともに、来年に向けて盛り上げていければと思います」とそれぞれコメントし、記者発表会を締めくくった。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう