このページの本文へ

農業ハウスの環境を仕事用LINEで遠隔で把握

LINE WORKS、農業ICTシステムと連携

2019年09月10日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワークスモバイルジャパンは9月9日、LINE WORKSと農業ICTシステム「NCXXファーム」の連携を発表した。

 NCXXファーム(ネクスファーム)はネクスグループが提供する農業ICTシステム。農業用ハウスの複数の環境制御ツール(換気扇、窓、遮光・保温カーテン、ミスト発生装置、灌水システムなど)と連動し、ハウス環境や農作業状況の見える化を実現する。ハウス環境を数値的に把握することで熟練者の勘や経験に頼ることなく農業を始めることが可能となり、データより圃場の環境を最適な状態に自動制御を行なえるという。

 ビジネス用LINEであるLINE WORKSと連携することで、ハウスのセンサーからのデータをどこにいてもLINE WORKS上で確認できるほか、異常検知による通知から現場作業員へ迅速な指示を行なえる。農耕地に常駐することなく生産管理できることから作業負担を軽減、新規就農に貢献できるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ