このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第52回

Netflixとポイントが鍵:

auが「やめやすい」プランで先攻する理由

2019年09月02日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月1日に「改正電気通信事業法」が施行される。これにより「解除料が1000円」、「2年拘束ありとなしの料金プランの差が170円」となる。総務省としては、キャリアとの契約をやめやすい環境を整備することで、顧客の獲得合戦を盛り上げ、結果としては通信料金の値下げにつなげたい格好だ。

 そんな中、KDDIは8月28日に新料金プラン「auデータMAXプラン Netflixパック」を発表。9月13日から受付を開始する。

 auデータMAXプラン Netflixパックは改正電気通信事業法にいち早く対応し、解除料1000円、2年拘束ありとなしの料金プランの差が170円と、実に解約しやすいプランとなっている。

 改正法の施行は10月1日からであり、それまでは、2年縛りのプランを売りまくり、顧客を囲い込めばいいものを、新プランは9月13日から受付を開始してしまう。KDDIはなぜ他社に先駆けて「やめやすい」プランを導入したのか。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン