このページの本文へ

スマホと車・バイクを連携させる新規格SDLのすべて 第1回

ヒトと車両の関係を変える新世代規格

スマホと車・バイクを「便利なまま」つなげるSDLって知ってる?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q:Car PlayやAndroid Autoとの違いは?
A:SDLはスマホやOSに依存しないので公共性が高い!

 SDLの仕組みを聞いて、AppleのCar Playや、GoogleのAndroid Autoを思い浮かべる人も多いだろう。確かに大きな目的を考えれば、これらはほぼ共通するものを持っている。コンセプトや実現方法には違いがあっても、車・バイクとスマホを組み合わせて使うという点では、動作環境としても大きな違いはない。

 ただし、Car PlayやAndroid Autoが、スマホのメーカー、あるいはそのOSメーカーが主導する規格であるのに対し、SDLは多くの自動車メーカー、車載器メーカー、ソフトウェア会社、アプリ事業者などが参加するコンソーシアムが主導する規格となっている点は、大きな違いだ(図2)。

図2 SDLは、車メーカー、機器メーカー、ソフトウェア企業、アプリ事業者などが参加するコンソーシアムによって運営されている

 同じようにスマホと車を接続するとしても、Car PlayやAndroid Autoは、スマホのプラットフォーマー側からのアプローチであるのに対し、SDLは車・バイクメーカーなどからのアプローチということになる。この部分に関して言えば正反対となっている。

 この違いが、規格としての性格や、最終的にできることの違いに影響する面もある。また、そうした違いがあることで、SDLとCar Play、あるいはSDLとAndroid Autoは、必ずしも競合するだけではなく、ある意味補完的な関係となることも考えられる。

 スマホのメーカーやOSとは直接関係のないコンソーシアムが主導する規格のメリットとして、スマホのハードウェアやOS、そしてビジネス上の利害関係に依存しないという点は重要だ。

 現在のSDLは、スマホのOSとしてiOSとAndroidの両方をサポートしている。もし将来、別のOSが一般的になるようなことがあれば、SDLはそれもサポートする可能性が高い(図3)。つまりスマホ側が主導する規格に比べて、公共性の高いシステムを提供できる可能性が高く、将来性も期待できるのだ。

図3 SDLの最大の特徴の1つは、特定のスマホの機種、OSに依存しないこと

カテゴリートップへ

この連載の記事

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ