このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」 第30回

pixivとニコ動で2019年4月期アニメを振り返る

鬼滅の刃が飛躍~pixivとニコ動で2019年春アニメの二次創作を振り返る

2019年07月20日 19時00分更新

文● myrmecoleon 編集●村山剛史/アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

pixivの投稿傾向

 今回も各作品の投稿数順位からこの3ヵ月の変化を見てみます。

 期間を通じてニコ動・pixivともにトップは「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」。以下ニコ動では「進撃の巨人 Season 3」や新シリーズに入った「キラッとプリ☆チャン」、pixivでは「文豪ストレイドッグス」などが初期は上位でした。

 今回紹介した「鬼滅の刃」はニコ動・pixivとも早期から期間全体を通じて上位に入り、「世話やきキツネの仙狐さん」も継続して中盤を維持しています。

 「ひとりぼっちの〇〇生活」はニコ動では4月から少しずつ話題になっており、5月より上位に入っています。「さらざんまい」はpixivで少しずつ人気を拡大し、5月後半から上位に食い込みました。

ニコ動における動画投稿数の7日ごと順位の推移(4月アニメ作品別)。pixivの傾向を参考に、男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

pixivにおけるイラスト投稿数の7日ごと順位の推移(4月アニメ作品別)。pixivの傾向を参考に、男性人気の高い作品は青、女性人気の高い作品は赤、中間的な作品は黄色に塗った

創作人気が急拡大した「鬼滅の刃」

 pixivでの投稿傾向を見ていきます。

 男性投稿者が多かったのは「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」「世話やきキツネの仙狐さん」「鬼滅の刃」「ワンパンマン」「ぼくたちは勉強ができない」「ひとりぼっちの○○生活」など。特に「世話やきキツネの仙狐さん」「ぼくたちは勉強ができない」「ひとりぼっちの○○生活」です。

 一方、「鬼滅の刃」「文豪ストレイドッグス」「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」「進撃の巨人 Season 3」「さらざんまい」「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」など。「文豪ストレイドッグス」「さらざんまい」「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」は、ほぼ女性投稿者でした。

 「鬼滅の刃」は比較的男女ともに人気があります。

 R-18イラストが多かったのは「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」「進撃の巨人 Season 3」「ワンパンマン」「鬼滅の刃」「世話やきキツネの仙狐さん」「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」など。「ワンパンマン」「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」が2割ほどと多め。ほか「なんでここに先生が!?」「ノブナガ先生の幼な妻」でR-18イラストの比率が高いです。

 海外投稿者が多かったのは「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」「鬼滅の刃」「世話やきキツネの仙狐さん」「ワンパンマン」「文豪ストレイドッグス」「進撃の巨人 Season 3」など。特に「世話やきキツネの仙狐さん」「ワンパンマン」は投稿者の3分の1ほどが海外投稿者です

 「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」はアメリカや韓国・香港などでトップ。「ワンパンマン」もアメリカなどで人気があります。「鬼滅の刃」は中国・台湾や東南アジアなどからの投稿が多く、「世話やきキツネの仙狐さん」も台湾・韓国・東南アジアなどで目立ちました。「文豪ストレイドッグス」は中国からの投稿数がトップです。

 キャラでは「鬼滅の刃」の「竈門禰豆子」「竈門炭治郎」がいずれも3ヵ月で1000件越えのツートップ。ついで「世話やきキツネの仙狐さん」の「仙狐さん」、「進撃の巨人 Season 3」の「リヴァイ」、「鬼滅の刃」の「我妻善逸」、「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」の「久川凪」、「文豪ストレイドッグス」の「太宰治」などが人気でした。

 R-18イラストでは「ワンパンマン」の「戦慄のタツマキ」「地獄のフブキ」のエスパー姉妹がツートップ。ついで「仙狐さん」「リヴァイ」「竈門禰豆子」、「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」の「橘ありす」などがよく描かれていました。特に「戦慄のタツマキ」「地獄のフブキ」はイラストの3割以上がR-18イラストです。今期は新タイトルでR-18イラストが集中するキャラクターが無く、代わって2期目の「ワンパンマン」が目立ったようです。

 今期は「鬼滅の刃」の人気が大きく伸びました。2クール目が放送中で現在も人気拡大が続いており、今後も期待のタイトルと言えるでしょう。

7月アニメの注目作はダンベル?
あんスタ・シンフォギア・高木さん・炎炎・手品先輩も人気

 最後に、現在放送中の7月開始アニメの2週目を終えた現在における傾向を見てみます。調査時点で未放送のタイトルもあり暫定的な数字ですので、今後を占う程度の意味合いでご覧いただければと思います。

 まず放送以降ニコ動などで話題になったのが異色の筋トレアニメ「ダンベル何キロ持てる?」。ソシャゲで女性から人気の高い「あんさんぶるスターズ!」も今回初アニメ化でpixivを中心に多数の投稿があります。人気タイトルの新作となる「戦姫絶唱シンフォギアXV」「からかい上手の高木さん②」も根強い人気。

 新作ではほかに「炎炎ノ消防隊」「手品先輩」も伸びています。

 今回は調査時点ではまだ放送していないタイトルもありますのでまだ様子見程度の結果です。今期はここからどのようになるのでしょうか。注目していきたいと思います。

7月アニメについて7月1日以降にニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数

アニメ「ダンベル何キロ持てる?」より第1話の公式配信動画。
アニメ「あんさんぶるスターズ!」より第1話の公式配信動画。
アニメ「戦姫絶唱シンフォギアXV」より第1話の公式配信動画。
アニメ「炎炎ノ消防隊」より第1話の公式配信動画。
アニメ「手品先輩」より第1話の公式配信動画。

イベント告知

 夏コミ・コミックマーケット96参加です。8月11日(日)の西け-28aのスペースでお待ちしています。新刊・既刊はCOMIC ZINに委託中。ご興味があればどうぞ。

筆者紹介:myrmecoleon

 趣味で同人誌やニコニコ動画関連の研究をしてる人。コミケ・ニコニコ動画・pixiv・deviantARTなどの調査を行ない、『ニコニコ動画統計データハンドブック2019』など同人誌としてコミケで頒布。2014年に自身の企画で「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱 展」を開催。元明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフで元ニコニコ学会β実行委員。
 Twitterアカウントは@myrmecoleon

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン