このページの本文へ

『リーグ・オブ・レジェンド』の学生コミュニティーをサポートする

サードウェーブのGALLERIA、LeagueUとパートナーシップを締結

2019年06月25日 14時50分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは6月25日、ゲーミングPCブランド「GALLERIA(ガレリア)」において、「LeagueU(リーグユー)」とパートナーシップを締結したと発表。

 LeagueUは、PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の運営元Riot Games,Inc.の日本法人であるライアットゲームズが運営。『リーグ・オブ・レジェンド』の学生コミュニティーをサポートしている。

 ライアットゲームズはこれまでも、学生コミュニティーのイベントやリーグ戦などをサポートしてきたという。近年では、LoL学生世界大会に日本代表チームを派遣したり、現地コーディネートをしたりするなど、サポートの幅は多岐にわたるとのこと。

 両者がパートナーシップを組んだことで、GALLERIA製品のPCやデバイスなどのゲーミングに特化した機材を、無料で学生に貸し出し可能になる。GALLERIAは今後、学生のアイデアを取り入れたゲーミングノートPCの販売を計画しており、LeagueUコラボモデルも考案しているとした。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ