このページの本文へ

カバンに入れて持ち運べるモバイルノートながら、13.3型より少し大きい14.1型で文字などもみやすい

税別2万円台でM.2SSD増設可能な14.1型ノートPCは拡張性と利便性を兼ね備えた1台

2019年06月13日 09時00分更新

文● 柴田尚 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Altair VH-AD3S」

 ドスパラが販売している14.1型ディスプレーの「Altair VH-AD3S」は、税別価格が2万9980円(税込で3万2378円)というお手頃にもほどがあるノートパソコンだ。重量が約1.37kgで、薄さが約16.9mmというモビリティの高さもウリである。

 主要なスペックは、CPUがCeleron N3350(1.10GHz)、メモリーが4GB、ストレージが64GB eMMCとなっており、文書作成を中心とした使い方を目的としている。また、底面にSATA接続専用のM.2端子を搭載しており、ストレージを自由に追加できるのも特徴だ。今回は、Altair VH-AD3Sを実際に触ってみての感想をレポートする。

カバンに綺麗に収まる、スリム&フラットなボディー

 天板フラットで、底面もゴム足が数ミリ出ているだけの形状になっているので、カバンにすっきりと収納できるのは非常にうれしいところ。14.1型ディスプレーのためフットプリントがちょっと大きいのだが、それでもA4サイズを多少サイズアップした程度なので、通勤・通学に使うようなバッグなら十分収まるだろう。

天板は完全にフラット。底面もゴム足があるだけで同じようにほぼフラット

 また、底面にあるSATA接続用のM.2端子へのアクセスも容易だ。ネジふたつを外せばカバーが取れ、さらに内部の固定用のネジをひとつ外せばSSDを簡単に増設できる。差し込む際に固すぎて不安になるといったこともなかった。デフォルトのストレージが64GBであるため、ストレージはできるだけ増設しておいたほうがいい。

2本のネジを外せばカバーはすぐに取れる
写真の左側にある固定ネジを外し、右側の接続端子に差し込めば増設完了

利便性に優れた14.1型ディスプレーとキーボード

 モバイルマシンというと、ディスプレーは13.3型が一般的であろうが、このAltair VH-AD3Sはすこし大き目の14.1型となっている。これにより、フットプリントが大きくなるのとトレードオフで、モバイルマシンとしてはかなりの大画面を手に入れているのだ。当然ながら、アイコンや文字などが大きく表示されとても見やすい。ディスプレー面そのものもノングレアパネルを採用しているので、使用場所によって光源が変化するモバイルマシンとしては、映り込みの心配が減るので便利だ。

18.9mmのキーピッチを確保したキーボードと、長時間のタイピングでも疲れにくいタッチパッド

 キーボードは、フットプリントがあるため18.9mmのキーピッチを確保できており、一部のキーが狭くなってしまうといったことはまったくない。右エンター付近がちょっと個性的だが、このくらいはすぐ慣れるであろう。

 キータッチそのものは、クリック感がありつつも荷重が軽くとてもタイプしやすい。長時間のタイピングでも疲れにくいと思われる。また、タッチパッドも広くなっているので、カーソル操作がとても快適であった。

 今回試用したモデルの詳細スペックは以下のとおり。次回は、各種ベンチマークによって、Altair VH-AD3Sがどういった使い方に向いているのかを紹介しよう。

試用機の主なスペック
機種名 Altair VH-AD3S
CPU Celeron N3350(1.1GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 500
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
ディスプレー 14.1型(1920×1080ドット)ノングレア
内蔵ドライブ
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
インターフェース USB 3.0端子、microHDMI、マイク/ヘッドフォン出力端子、miniSDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅333×奥行222×高さ15.9mm/約1.37kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ