このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2019第19回

マツダ ロードスターRFは意外と真っ直ぐ走れる

2019年06月15日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新車を買った情報2019。私は四本淑三であります。今回も話題の中心はロードスターRFでありますが、前回に引き続き意外性インプレッションであります。このクルマ、なんと真っ直ぐ走るんであります。

ロードスターは長距離が苦手?

 そんなの意外でもなんでもないだろ!

 と、怒られそうですが、旋回性能を重視したロードスターは、ホイールベースが短こうございまして、そうしたクルマは直進を維持する力が弱い。路面状態や風圧の影響で、進行方向が乱れやすいものと言われております。

 ちなみにロードスターのホイールベースは2310mmですが、コンパクトカーのデミオは2570mm。軽自動車のアルトでも2460mmありますから、いかに短いかということであります。

 もちろん直進安定性はホイールベースだけで決まるものではなく、設定次第なのだと言われておりますが、ロードスターは低速域でのハンドリングに重点を置いたクルマです。ステアリングの遊びも少なく、微小舵角に対して鋭敏に応答しますから、クルマ自体の直進性が低いと、小刻みに修正を続けなければならない。

 それでロードスターは高速や長距離が苦手と、世間ではそのように言われるわけであります。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ