このページの本文へ

電子行政先進国エストニア共和国のデータ連携基盤「X-Road」を元にしたシステム

プラネットウェイ、データ連携基盤ソリューション「PlanetCross製品版」リリース

2019年06月07日 17時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Planetwayは6月6日、データ連携基盤ソリューション、「PlanetCross製品版」の提供を4月に開始したと発表した。

 電子行政先進国エストニア共和国のデータ連携基盤「X-Road」を日本で初めて民間企業向けにカスタマイズした製品であり、エストニア共和国やフィンランドの電子政府データ連携基盤として利用されている。

主な特長

 従来のデータ連携基板との大きな違いは既存システムやデータベースに大きな変更を加えることなく他企業とのデータ連携を実現できる点で、既存システムやデータベースを活かしながら段階的に適用領域を広げることができるという。

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO