このページの本文へ

凸版印刷とPlanetway、日本と欧州の産官学連携を目指し協業開始

2019年03月06日 15時10分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Planetway Corporationは3月1日、凸版印刷およびトッパントラベルサービスとの共同で、日本と欧州の産官学連携で新事業共創を目指すMICEプログラムの提供を開始した。対象は日本とヨーロッパの官公庁や企業、大学など。

 凸版印刷が推進する社会のデジタル変革実現を支援する新事業の共創活動、Planetwayがエストニアと周辺諸国に持つ事業ネットワーク、トッパントラベルサービスのMICE関連の企画・運営ノウハウを連携。日本とヨーロッパの企業や団体が連携を促進したり、新事業を創出したりすることが目的だという。

 エストニアの電子政府や、ヨーロッパにおける最先端のデジタル社会を視察。スタートアップ企業を訪問したり、ワークショップを開催したり、ネットワーキングなどビジネス交流の場を設定したりする。

 ヨーロッパの電子政府政策やGDPR(EU一般データ保護規則)施行で、自身の管理のもと個人データを活用する最先端のデータ活用が注目されている。今回の3社連携はスマートシティ実現に向けたものとしている。

カテゴリートップへ

Planetway Story

製品別検索

PlanetCross

PlanetID

事業別検索

PlanetGUARDIANS

PlanetECO