このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第13回

MSIブースでみた第3世代Ryzen対応のゲーマー向けマザーボード

2019年05月29日 01時54分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIはCOMPUTEX TAIPEI 2019において、第3世代Ryzen対応のAMD X570チップセット搭載マザーボードを展示した。GAMINGシリーズのモデルを中心に紹介しよう。

MSIブースで展示されていた第3世代Ryzen対応のAMD X570チップセット搭載マザーボード

 AMD X570を搭載するMSI製マザーボードの特徴は、チップセットにMSI独自のFrozrヒートシンクデザインを採用。ダブルボールベアリングファンを搭載し、多くのエアフローを発生させるプロペラブレードテクノロジーによりノイズを低減する。

 さらにチップセットの温度によって自動的にファンスピードを調整するZero Frozrテクノロジーをサポートする。これらの機能はMSIのビデオカードで採用されているが、その技術をうまく流用した格好だ。

チップセットにFrozrヒートシンクデザインを採用。M.2スロットにはサーマルスロットリングを防ぐM.2 Shield Frozrを備えている

 また、PCI Express 3.0の帯域を2倍に引き上げたPCI Express 4.0をサポートするLightning Gen4 M.2スロット搭載。デバイスを効率的に冷やし、サーマルスロットリングを防ぐM.2 Shield Frozrを備える。

「MEG X570 GODLIKE」

 MSI製マザーボードの最高峰“GODLIKE”がついにAMDプラットフォームに登場。最上位モデル「MEG X570 GODLIKE」は、さまざまなハードウェアの状態を表示できるOLEDディスプレイ“Dynamic Dashboard”を搭載。ネットワーク機能にはKiller xTendや最新のKiller Wi-Fi 6を搭載する。

水冷化されて展示されていた「MEG X570 GODLIKE」

 また、豪華な付属品も特徴で、M.2 Gen4 SSDに対応した「M.2 XPANDER-Z Gen 4拡張カード」や「10G Super LAN」カードが同梱する。

スーパーハイエンドモデルらしくM.2 Gen4 SSDに対応した「M.2 XPANDER-Z Gen 4拡張カード」や「10G Super LAN」カードが同梱している

「MEG X570 ACE」

 MEGからもう1機種。「MEG X570 ACE」は、エンスージアストゲーマー向けのハイエンドモデル。ラグジュアリー雰囲気が漂うミラー反射効果を実現するMystic Light Infinityをサポート。

“GODLIKE”ほどではないが、こだわりたいというユーザーにはぴったりの「MEG X570 ACE」

 2.5G GAMING LAN とWi-Fi 6を含むデュアルLANに加え、ネットワーク品質を保証するための最新技術に対応。ヒートシンク間をヒートパイプで接続する拡張ヒートパイプデザインを採用するのもポイントだ。

「MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI」

 ミドルレンジゲーマー向けの人気モデルとなりそうなのが「MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI」。エッジ部分のLEDは、29個のLED効果でカラフルなカスタマイズが可能。Lightning Gen 4、Frozrヒートシンクデザイン、M.2 Shield FrozrなどMSIの独自機能も網羅し、ケースへの組み込み作業をサポートする一体型I/Oシールドも備えている。

スペックをハイエンドにまとめつつ、価格はそれなりに抑えていると思われる「MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI」

「MPG X570 GAMING EDGE WIFI」

 エッジのきいたデザインの一体型I/Oシールドが特徴的な「MPG X570 GAMING EDGE WIFI」。ミドルレンジゲーマー向けのモデルで、M.2 Shield Frozrを備えたM.2スロットやIntel Wireless AC+ギガビットLANを搭載する。

ミドルレンジゲーマー向けの「MPG X570 GAMING EDGE WIFI」。CARBONと並ぶ人気モデルになりそう

「MPG X570 GAMING PLUS」

 エントリーゲーマー向けの「MPG X570 GAMING PLUS」は、ネットワーク機能がギガビットLANのみとなるなどシンプルなスペックが特徴。M.2 Shield Frozrは用意されているため、高速タイプのM.2 SSDを使用する場合も安心して使える。

コスパに優れたモデルになる「MPG X570 GAMING PLUS」。Ryzen 5あたりとの組み合わせがよさそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中