このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第531回

アキバで見かけた回転ドラム式腕時計「FUTURE FUNK」を衝動買い

2019年05月16日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1970年代のユニークで飛び抜けた
デザインチャレンジを感じる造形

 FUTURE FUNKは、デザインもなかなかユニークだ。地球規模で世界中を巻き込んだ大きな戦争から四半世紀が過ぎ、世界中の人達が大宇宙に興味を持ち、米ソが競争で宇宙ロケットを飛ばし、多くのデジタル表示腕時計の登場した1970年代のユニークで飛び抜けたデザインチャレンジを感じることができる。

 FUTURE FUNKは、筆者の大好きなスペースエイジ・デザインにも通じるものがある。この時代の看板腕時計は、オメガスピードマスターにその座を明け渡すまでの間スペースエイジ腕時計の代表格だった、ゴールドカラーの“ブローバ アキュトロン”の印象が強く、FUTURE FUNKも個人的にはめったに買わないゴールドモデルを選択してしまった。

筆者的にはスペースエイジ腕時計と言えば、ブローバの金無垢アキュトロン(左)しか思い浮かばない。どちらも1970年代の香りがすることは間違いない

 実は、筆者がぜひとも手に入れたい腕時計に、デジタル時計創成期に流行した“パタパタ時計”がある。残念ながら筆者の知る限り、その100%は置時計や壁掛け時計であった記憶しかない。スマートウオッチの動画ではなく、本当に“パタパタ”と時刻が変わる腕時計があれば、お金に糸目を付けず無理をしてでも買ってみたいと思っている。

 過去、このコラムでもご紹介した“Devon Watch”もパタパタ構造ではないが、4枚のベルトで現在の“時・分・秒”を表すRotating Drum Systemにも似た、より複雑でユニークな腕時計だ。構造もメカもユニークかつ複雑過ぎていつもトラブルが絶えず、1年以上前に修理のために米国に渡ったきり、未だに帰ってこない。

かれこれ米国での修理開始から1年経つが、まだ戻ってこないベルト表示のユニークスーパー腕時計「Devon Watch」。ベルトかドラムかの差異はあってもFUTURE FUNKと同様、魅力的なメカであることだけは間違いない

 FUTURE FUNKは時針、分針の代わりに安定した回転ドラムを複数使うだけのよりシンプルな構造であり、時刻表示もクォーツ腕時計なので正確だ(月差プラスマイナス30秒)。現在時刻の設定やモード選択、ドラムの表示位置ズレの修正などは、左右に合計4個あるボタンを操作して選択修正できる。

FUTURE FUNKの右側にあるボタン2個 FUTURE FUNKの左側にある2個のボタン……この4個で、モード切替、時刻合わせ、ドラムの位置調整を行なう
FUTURE FUNKの右側にあるボタン2個FUTURE FUNKの左側にある2個のボタン……この4個で、モード切替、時刻合わせ、ドラムの位置調整を行なう
親指と人差し指の2本でワンプッシュで脱着できるメタルベルト。きちんとサイズ調整することで装着感は向上する。バックルに微調整機能の穴がないので、駒を取ることでのサイズ調整しかできないのがちょっと残念 親指と人差し指の2本でワンプッシュで脱着できるメタルベルト。きちんとサイズ調整することで装着感は向上する。バックルに微調整機能の穴がないので、駒を取ることでのサイズ調整しかできないのがちょっと残念

 ボタン数は多いが、照明ボタンはどこにもないので暗闇ではまったく現在時刻はわからない。しかし、前述したDevon Watch同様、回転するドラムを友人に見せて“ドヤ顔”で自慢したい時に便利な“デモンストレーションモード”は抜け目なく備えられている。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン