このページの本文へ

Dynabook Directで13万円台とお得に買える「dynabook UZ63/M」をチェック

手頃価格で性能十分、Core i5&SSDの軽量モバイルノートPCが高コスパ!

2019年05月08日 09時00分更新

文● 林祐樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook UZ63/M」

 Dynabookがウェブ直販サイト「Dynabook Direct」で販売中の「dynabook UZ63/M」は、13.3型のスタンダード路線のモバイルノートパソコン。重量約1kgにすることで価格をほどよいラインに着地させたモデルだ。前回dynabook UZ63/Mの外観やキーボードレイアウトなどをチェックした。会員価格になると「え、いいんですか」なプライスまでに価格が落ちるのだが、性能はどうなのだろうか。第2回では、そんなdynabook UZ63/Mの性能を中心にテストしていく。

 本稿でテストするのは、Core i5-8250U、256GB SSDのモデル。OfficeアプリケーションやSlackでの作業中心であれば問題のないスペックである。またバッテリーライフはカタログスペックで約16.5時間と長いため、事務ベースの作業であれば1日充電不要のケースが多いハズだ。

 ベンチマークはPCMark 8 v2.10.901、CrystalDiskMark 6.0.2、CINEBENCH R20を実行した。なお電源モードは「最も高いパフォーマンス」に設定した。

 PCMark 8のスコアは良好に尽きる。映像資料を参照しつつの文章作成や、表作成、プレゼン資料の作成に耐えるほか、低画素の写真処理にも耐えるため、意外なシーンでも耐えてくれるだろう。この点はCINEBENCH R20の結果からも納得がいく。またストレージはM.2タイプではないが、十分な性能になっており、OSの応答性やアプリケーションの起動などでよく体感できる。

PCMark 8。30分ほどのテストだが、ファンの騒音が目立つことはナシ。微妙に聞こえてくるのだが、オフィスの騒音レベルならば気になることはまずないだろう
CrystalDiskMark
CINEBENCH R20

 そのため、試用機のCore i5-8250UではなくCore i7-8550Uが必要になるとすれば、出先で動画や写真の簡易編集をしたり、データベースの処理があったり、別途モバイルディスプレーを持ち運んで、どこでも複数パネル環境がマストである人だろう。

 dynabook UZ63/Mのdynabook セッティングをみてみよう。本アプリケーションは本体の設定を1カ所ですませることができ、Windowsのあちこちにある設定にアクセスするよりも効率的である。省電力に関する設定やUSB関連、Thunderbolt、マイクなどのオン/オフができるほか、パフォーマンスに関する設定にも対応しているため、dynabook UZ63/Mを入手したらまずチェックしておきたい。

dynabook セッティング
高度な設定ではメモリやSATAのパフォーマンスまでも設定できる。初期設定であるパフォーマンスモードのままでOKだ
電源モードは画面右下の電源アイコンを右クリックすると変更できる。3つのパフォーマンスモードが用意されている
試用機の主なスペック
機種名 dynabook UZ63/M
CPU Core i5-8250U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.1 Gen1 Type-A×1、Thunderbolt 3×2、HDMI出力、microSDカードスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力端子
内蔵カメラ 約92万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅316.0×奥行227.0×高さ15.9mm/約1090g
OS Windows 10 Home(64bit)

Room dynabookID会員(無料)なら、直販価格13万1544円から!

 Dynabook製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。「dynabook UZ63/M」(Office付きモデル)の場合、Dynabook Directの直販価格は19万8720円からなのだが、Room dynabookID会員価格は13万1544円(5月7日現在)からとなっている。Core i7-8550U、512GB SSD、Office付きモデルを選択した場合も15万6384円(5月7日現在)からとなっている。

 このほかのDynabook製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートパソコンの購入を考えている方は、とりあえずRoom dynabookID会員(無料)になることを強くオススメしたい!

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

インテルバナー