このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

春のヘッドフォン祭 2019第4回

RAAL「SR1a」、ピエゾドライバー採用のNobleAudio KAHNも展示

君は本物のヘッドホンマニアか、そう問いかけるリボン型ヘッドホン

2019年04月27日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 君はホンモノのヘッドホンマニアか。

 そう試されているような気になる。エミライブースで展示中の革命的ヘッドホン、RAAL requisite「SR1a」だ。米国で1ヵ月ほど前に発売されたばかりの新製品で、リボン型ドライバーを使った独創的な製品になっている。

 まず外観が特徴的、カーボンを使用していてパッと見、かっこよくも見えなくないのだが、頭に触れるパッドにはややつくりが甘い面も。しかし音質が驚くほどいい。というか空間表現は異次元レベルかもしれない。メーカーは世界初の「Earfieldモニター」と称しているが、実はドライバーはハウジングに密閉するわけではなく、開放型とも違っている。耳の側にぶら下がているだけである。リボンドライバーは指向性が高いため、こうしているそうだ。

低反発のイヤーパッド。装着感は悪くないのだが、つくりはちょっと雑な気もする。
武骨なパーツは、道具としてのヘッドホン感を強く与える

 スピーカーの高域用ユニットやマイクなどで使用されるリボン方式だが、その表現のディティールは緻密で、熱狂的なファンが多い。しかし、ヘッドホン用のドライバーに使おうと思う人はほとんどいなかった。実はドライブがすごく大変で、SR1aも通常のヘッドホンアンプではドライブできない。数十ワット~数百ワットクラスの出力を持つスピーカー用のアンプを利用しないといけないのだ。

外付けのユニットを介して、スピーカー用のパワーアンプと接続する。
展示では、別途用意したアンプのスピーカー出力からバナナケーブルで接続していた。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン